ありがとうジョセフ・ペルグリーノ博士

 土曜、日曜の「アドラー派のカウンセリング/心理療法の技法」ワークショップが終わり、今朝ジョセフは帰国の途につきました。

 まずは皆様、お疲れ様でした。

 そして心からありがとうございました。

 一番遠くは沖縄から来て下さいました。

 

 この2日間のワークはプロ向けの内容でしたから、ただ目の前に提示されたものを知識として吸収するものではなく、それぞれの洞察力、創造力、気づきの深さが問われる内容だったと思います。

 テキストだけ読んでもわからない・・・デモンストレーションと質疑応答で掴んでいくものでした。

 だから・・・具体的に書けない (-.-)

 それぞれの洞察力、想像力、気づきなので、デモンストレーションを生で観て、同じ空気を感じた人でないと分からないと思うのです。

 例えば、アドラー派のカウンセリングは、始まった瞬間から一貫して共同体感覚と勇気づけが根底に流れていることは知っているはずのことですが、改めて深く感じる。その感慨深さ。

 時間的制約のある中でのデモンストレーションでしたが、学ぶべきことは、その解釈でいいのかとかそういうことより、ちりばめられた実際の技法と、一貫した共同体感覚と共ににある勇気づけだったと思います。

 今朝も帰るぎりぎりまでフィードバックを求め、耳を傾ける謙虚なジョセフの姿からも学ばせていただきました。

 ジョセフを見送った後はいつも、無事に終えられてホッとしながらも、夫と寂しい気持ちになります。


 今朝は4時半起きでお見送りに出たので、見送ったあとホテルの朝食バイキングを食べてから家に8時頃帰りました。

 



 さてと、今日からまた主婦としておうちごとだ!

 ごちゃごちゃになった家の中。何から手をつけよう?

 唄を忘れたカナリアがいるなら、私は家事を忘れたことりさん。



 まずは久しぶりに3人揃った昼食だ!

 ずっとお使いに行ってないので、あるもので・・・

 ツナとエリンギとキャベツのぺペロンチーノ、じゃがいものグラタン、ミネストローネ、サラダ


 
b0134673_18341118.jpg




 お昼のあと、夫は仕事へ。

 私は急に睡魔に襲われて、お皿をシンクにさげただけで寝てしまった・・・ら・・・

 いつの間にかタクロウが全部洗ってくれていました (T_T) 号泣

 ありがとう。ちゃんとわかってくれているのね。ありがとう。



 夕飯は、ずっと激務の続いている夫のリクエストをお受けしますよ!

 豚しゃぶサラダ、冷や奴。お味噌汁や糠漬けやめかぶしらす。


 
b0134673_214063.jpg




 私たちは日常に戻ったけれど、ジョセフはまだ飛行機の中。

 求める人がいればどこだって・・・日本人のためにハードスケジュールの中一生懸命全力で教えてくださって本当に有難うございます。

 ジョセフ、夫、通訳の埴原さん、黄金のトライアングル、お疲れ様でした。

 3人とも疲れも顧みず、有難うございました!



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2012-08-06 21:47 | アドラー心理学 | Comments(0)