お掃除の合間の「中宮様お産」の話

 このところ冷凍でお届けのいただき物が多くて、我が家の小さな冷凍庫は満員御礼でございます。

 そこへアイスクリームが届いて、無理だろ~(~o~)と叫びながらも、入れてやりましたよ。

 そりゃ必死で。

 
b0134673_14505341.jpg



 それで夕べはさっそく、冷凍庫からのチョイスで、餃子とラーメン。

 宇都宮餃子とラーメンを一緒に送ってくださった方がいまして。


 
b0134673_14524134.jpg



 美味しかったです!

 でも、まだ冷凍庫ギチギチです(^_^;)

 当分、冷凍庫の中から食べて行くことにしよう。



 きょうになって、急にお出かけ予定が楽しくパタパタと入りました。

 午前中はお日様も顔を出したし、きょうは一日お掃除に徹するぞ!

 と張り切りまして、

 今お茶を入れてちょっと休憩しながら、ブログを書いてます。

 あとは、もはや有名になった感のある「溜まったアイロンがけ」で締めたいと・・・、思っとります。

 

 「紫式部日記」を読んでいるのですがこの日記、中宮様のお産から始まります。

 それは、中宮様のお産ですから一大事!な勢いなわけで、御殿の中は大騒ぎ。

 何ヶ月も前から御祈祷、読経の声が絶え間なく流れ、いよいよ中宮様がお産所に入られると、家に帰っていた女房たちも詰めかけて人が通れないくらい集まり、皆心配のあまり涙する。

 都中の僧侶、阿闍利、陰陽師が呼び寄せられ、中宮にとりついている物の怪を「よりまし」達の方に移らせるのに必死。

 みな一晩中、声も枯れるほどに「中宮様にとりついた物の怪よ、のりうつれ!」と怒鳴り散らす。←それ、物の怪じゃないって(~_~)

 それを聞いてはみな不安におののき、涙する。

 そして、無事中宮は安産で男の子を出産する。

 安産じゃん!みたいなオチになるほどの大騒ぎ。

 昔のことだから、本当に命がけですが、目にみえない物の怪との戦いが滑稽に感じるほど、臨場感たっぷりに描かれていて面白かったので、ついつい書きたくなりました。


 当時、物の怪退治をする人は、今のお医者さんのような役割でもあったそうですから、信じていた彼らにとっては、手術室前で無事を祈る現代の私たちの心境だったのでしょうね。

 

 ところで、前に明治神宮で撮ってきた厄年一覧。

 
b0134673_15273785.jpg


 ちょっと見にくいですが、うちはタクロウが来年前厄になることが判明。

 来年はお勤めが始まって環境も変わるから、大事にしましょうっていうことね。

 来年はお祓いしなくっちゃ。って、平安の頃と変わらない日本人の感覚です。


 では、オウチゴトの続きにGO!



今日もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2012-07-23 15:38 | 日常 | Comments(0)