絵本作家 クライドルフの世界 at Bnkamura

 昨日やめてしまったお出かけ、行ってきました。

 今日は雨になっちゃったけどね・・・ (~_~)

 でも、いーの。

 よかったーーーっ!! (^O^)/  からっ。

 渋谷のBunkamura ザ・ミュージアム「クライドルフの世界」を見て来たのです。

 
b0134673_21261595.jpg
b0134673_2126399.jpg



 クライドルフは100年ほど前に活躍した絵本作家です。

 この時代はロマン主義とともにファンタジーが復活して「子ども時代」を大切にした時代です。

 この時代のファンタジー表現が大好きで、今年の4月に出たこの本をよく眺めていました。

 この本には、複数の画家の絵が紹介されているのです。

 
b0134673_21301198.jpg


 しかし何と言っても原画の美しさにはかないません。

 クライドルフの描いた絵本原画を中心とした220点もの作品が並びました。

 ほとんどがペン&水彩画なので、私にはとてもとても勉強になりました。

 絵の可愛さを楽しむより、色使いを学べる楽しさに心が躍りました。



 心は一杯、お腹はぺこぺこ。

 遅いランチをBunkamura の「ドゥ マゴ パリ」で。

 レストラン内より、テラス席の方がリーズナブル!

 美術館の中も、どこもかしこも冷房が寒かったので外が気持ちよいし (*^_^*)

 
b0134673_22105313.jpg


 大きなオムレツのランチ ♪

 チーズがとろりと入った、ふわふわのオムレツ。

 
b0134673_22112354.jpg

 

 
b0134673_22115931.jpg


 クライドルフのカード

 
b0134673_22172665.jpg


 紫陽花がきれいでした。

 
b0134673_22214974.jpg

 
 宝物を心に抱いて帰る道は、梅雨も輝いて見えるようでした。


 

今日もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2012-07-03 22:25 | 鑑賞 | Comments(10)

Commented by ma1214h at 2012-07-04 07:48
絶対行きたいです、クライドルフ展!
ファンタジーの世界へ誘われたい。
ことりさんのイラストのファンになってから、美術展などに興味がふかまり、行く機会にも恵まれています。
そのなかでランチ、素敵(^O^)
Commented by ichiko1616 at 2012-07-04 09:08
素敵な一日を過ごされたようで、こちらも嬉しくなりました。
「宝物を心に抱いて帰る道は、梅雨も輝いて見えるようでした」
ホンとですね。
綺麗なものを見て、触れて、心もしっとり。
お腹も満たされて最高ですね *^^*
Commented by sora at 2012-07-04 17:11 x
心に抱いて帰った宝ものは、イラストに刺繍に
ことりさんの魔法で違うものに生まれ変わるんでしょうね!
しっとりした雨も、紫陽花に魔法をかけて
あちらこちらで色のマジックがおこってますね。
紫陽花の多彩な色に しばしば足を止めるこの季節。
ことりさんの魔法にも磨きがかかる季節のような気がします。
Commented by ことり at 2012-07-04 18:44 x
>>ma1214hさん
クライドルフ、しょんこさんがとっても好きそう!
しょんこさんが会場に入ったら、感激して腰砕けになると思う!
Bunkamuraはパリの香り(行ったことないけど・・・^^;)がします。
素敵な絵をみたあとも、心地良い余韻を楽しめるところです。
Commented by ことり at 2012-07-04 18:47 x
>>ichiko1616さん
一緒に嬉しくなって下さってありがとう(#^.^#)
同じ雨でも、心の持ち様で全然変わってしまうから不思議です。
寝るときも、目を閉じるとクライドルフの絵が次々と浮かんできて・・・原画の威力ですね^^
Commented by ことり at 2012-07-04 18:53 x
>>soraさん
すてきなメッセージをありがとう!
詩のように素敵でにっこりしてしまいました。
うっとしい雨も、そんな風に考えると自然の贈り物ですね。
思い出した!日光に行ったのにけっこうな雨だった時がありました。
でも、雨音以外静かで、人も少なく、湿った木の香りとしっぽり濡れた緑がとても美しくて、雨でよかったと思ったものです^^
Commented by ciconata at 2012-07-04 22:53
ことりさん、こんばんは^^
私も行きなぁと思いチェックしていました。
子供の頃から花、妖精、蝶の絵が好きでクライドルフの絵も大好きです
子供たちも一緒に連れて行っても喜ぶかなぁと思うと
なかなか日程が難しくて。
最後のことりさんの言葉で
これは絶対に行かないとって思いましたよ^^
Commented by ことり at 2012-07-04 23:12 x
>>ciconataさん
ciconataさんもお好きだったんですね。(なんか、よくわかります^^)
お子さんたちも一緒になんて、すてき!
絵の飾ってある目線が高いので、お子さんには少々見ずらいかもしれませんが・・・・
どんどん進んでいくと、絵本コーナーがあるんです!
かわいい窓なんかがついててそこで絵本が読めるんです!
きっと喜びますよ~。(喜んでる大人もたくさんいました笑)
おみやげコーナーもうきうきです^^♪
ドゥ マゴ パリさんの向うのストア(私の写真で紫陽花の向うに小さく写っている)にも、クライドルフの絵本、売ってましたよ~。
Commented by yuumama77 at 2012-07-06 09:36
はじめまして!
先月始めにbunkamuraに行った時に、クライドルフ展の予告が貼ってありました。いいなぁと思いつつ、帰りました。関西には巡回しないみたいなので、残念だわ。先々週だったかに日曜美術館でも各地の展覧会情報にも取り上げられていました。
柔らかな絵なので、本だけでも買ってみたいわ。
Commented by ことり at 2012-07-06 21:02 x
>>yuumamaさん
初めまして、yuumamaさん^^
yuumamaさんは関西の方なんですね。
でも、東京にいらしていたのね。
主要都市で開催してくれたらよいのにねぇ。
イラストを描いているのですが、クライドルフとほぼ同じ手法なので、とても勉強になりました。
透明水彩ならではの美しい色・・・油彩やボタニカルアートの様な花の習作もありました。その実力あっての、ファンタジー画でした。