幸せが詰まった仕事

 花を買って、友人の家を訪ねました。

 訪ねて行って、私は直接彼女の顔を見て、ことばを聴きたかったんだ・・・と気づきました。

 彼女は困難な状況にあったのですが、一目見て、もうすでに彼女の素晴らしい自尊心で、幸せに向かって歩き出しているのを感じ、どこかでそうに違いないと思っていた私の心は、そんな彼女を見届けてとても喜びました。

 
 それで、今日はとても良い一日でした。


 心をこめて磨いた家で、心をこめて用意してくれた食事で私をもてなしてくれました ^^

 心をこめたんだよなんて言わなくても、こんなに通じる。


 
b0134673_20321547.jpg



 お手製の糠みそ漬け、モロッコいんげんのスモークタン巻き(ルッコラのペーストをつけて)、豆腐の味噌漬け(これもお手製)

 
b0134673_20361779.jpg


 ウナギのかば焼きにとろろ芋を添えて

 
b0134673_20365036.jpg


 右上にある、春菊と食用菊と蟹のお浸しも、具だくさん味噌汁も美味しかった^^




 ところで・・・・

 心のこもった料理はそんな風に心に届く。

 だから、お母さんの手料理は凝ったものでなくても、贅沢なものでなくても、家族や相手を思って作るとき、心に届くんだ。もし、凝った料理でも、贅沢な物でも、強すぎる義務感や自分の自己満足だったら、そのように届いてしまうんだろう。

 作る人が幸せを感じながら作れたらそう届くし、愚痴りながら作ったらそう届くんだ。

 難しいことはいいから、にこにこ幸せな気持ちで作りたい。

 そう思いました。

 主婦の仕事は誰でもできて、社会の中で日陰にあるような仕事(仕事とも言ってもらえないことも)だけれど、そんな評価を受けても仕方のない仕事ぶりもあれば、家族の人生を幸せに導くことのできる大仕事にもできる。

 たとえ子どもが巣立って家にいなくても、そういう姿勢は届くはず。

 やりがいのある、貢献度の高い仕事。(実質的な報酬はないが)この仕事を楽しまない手はない!

 家事はどれも、幸せが詰まったお仕事です。

 
 



 さて、家に帰ると、タクロウが自分で昼食を作ったと写メを見せてくれた・・・・負けたかも・・・(-_-;)

 こんがり美味しそうな「鶏の照り焼き」・・・・。

 
b0134673_20455354.jpg


 今度、母にもつくってくらさい (*_*)



 そして、夫がフラワーアレンジメントのお仕事をしている方から一足早いクリスマスアレンジメントをいただいてきました。

 プレゼントの箱でのアレンジが絵本から飛び出してきたみたいで素敵!

 
b0134673_20482748.jpg


 
b0134673_20484656.jpg


 ありがとうございます。



今日もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2011-11-13 21:08 | 日常 お出かけ | Comments(0)