京都二日目

 京都二日目


 
b0134673_21413726.jpg



 東京を出るときは、雨かも・・・と思っていた二日目も気温25度以上の晴天!ありがとう!

 今日は夫は大阪でお仕事。私は一人で観光です。

 京都駅で別れて、私はJR奈良線で隣の東福寺駅へ。


 東福寺

 鎌倉時代、藤原(九条)道家が造営。禅宗寺院。
 
 駅からお寺までの道が美しい。

 クリーム色の長い土塀で囲まれたお寺が続く広い道。静かでのどかな寺町。

 この通りをゆっくり歩くだけで心が安らぎに満たされていく。

 臥雲橋を渡って東福寺へ。東福寺は紅葉の名所で、紅葉の時期には、この橋も人の渋滞になるそう。紅葉だったら圧巻でしょうね。

 
b0134673_21504597.jpg


 東福寺の中にあるのが通天橋。こちらは有料^^; でも、それだけの眺め。紅葉だったら、絵にも描けない美しさ・・・♪ だと思う。 お天気が良すぎて光ってしまうね。

 
b0134673_21524434.jpg


 東福寺のもう一つの見どころは、お庭です。

 開山堂は江戸期の名園。写真の方丈の八相の庭は森重三玲作。東西南北にそれぞれ庭があります。

 私の目的は、これらのお庭。

b0134673_2158428.jpg


b0134673_21591468.jpg


 三門。

b0134673_2224285.jpg


 これは東司。通称百雪隠、すなわちトイレ。禅寺では用便も修行で厳しい作法があったそうです。中は、等間隔で火鉢のような甕が埋め込まれているだけでした。それが百個あるから、百雪隠。仕切りはありません。でも、当時は排泄物は貴重な肥料だったそうです。

 
b0134673_22161918.jpg



 夫の仕事時間に一緒に出たので、ゆっくり見学したのに、まだ10時ちょっと過ぎなので、東福寺駅に戻り、今度は京阪本線に乗って、急遽隣の七条で降りることに。時間的に無理かなと省いていた、三十三間堂と本当は気になっていた智積院に行ってみることにしたのです。


 三十三間堂

 小学校、高校の修学旅行の生徒でごった返していましたが、1001体の千手観音像を目の当たりにして圧倒される。権力のなせる業!?

 写真は撮れないのでなし!

 有名だしね。



 智積院

 私的には智積院、ここが一番良かったところです。

 真言宗。歴史的なことはだんだん書くのが面倒になってきた・・・。(本音^^;)

 歴史的なことより書きたいことがあるんだもーん。(ぬけぬけと・・・)


 ここには、長谷川等伯の国宝「楓図・桜図・秋草図・雪松図・松に立葵図など」があるのです。

 それが見たくて、頑張って足を伸ばしました。

 お金を払って中に入ると、住職が説明をしていて、
「貝の粉が施された「桜図」は、暗闇の中で光るんですよ。当時は月明かりや蝋燭の灯りで輝くのを楽しんだのでしょうね」
と、電気を消して見せてくれました。

 その上、住職と今まで見ていた人達が全員出て行ってしまい、私一人がポツ―ンとそこに残されました。

 いま、私と等伯の障壁画だけーーーっ!!


 去年国立で人をかき分けて見た等伯・・・・に・・・一人で囲まれている!号泣

 私は板の間の真ん中に正座して、一面一面ゆっくりと鑑賞しました。この障壁画に囲まれて生活しているのを想像しながら・・・。
 心がどんどん静かになり、波立っていたものがおさまり、等伯の絵に抱かれているような至福の時を味わいました。




 立ち去り難い思いを断ち切って、今度は智積院の「利休好みの庭」へ。ここも見たかったところです。

 期待以上の庭。そしてまたしても、途中から私一人。

 広い縁側に座り、水の音を聞きながら、長いことぼーっとお庭を眺めていました。

 当時、この庭を眺めるこの部屋で暮らしたなら、私だったらときおり庭を眺めて目を休め、水音を聞きながら時間を忘れて絵を描く生活をしただろうなぁ・・・生活も一つ一つ、ゆっくりと丁寧に、あくせくすることもなく暮らしただろうなぁ。
 
 
b0134673_23115430.jpg



 私は旅の途中。行かなければ。ふーてんのことりは行かなければならないのでした。涙



 また京阪本線に乗り、二つ先の祇園四条へ。


 通りに上がると、目の前に南座が。

 
b0134673_2316122.jpg



 ランチを求めて、祇園の花見小路通りへ。

 風情があるねぇ^^

 
b0134673_23172933.jpg


 「きらら」でランチ。

 鯛の入った、出汁がとってーも美味しかったうどんと、むかごの炊き込みご飯。

 
b0134673_2319418.jpg


b0134673_23194132.jpg



 次に目指すは高台寺。すぐそばに建仁寺もあるけれど、ねねの開創した高台寺に行きたかった。

 と、「きらら」を出ると、夫からの電話。

 「今京都。ことり、どこにいるの?」 って、仕事は?

 ということで、高台寺で待ち合わせることに。

 京都の高台寺で待ち合わせって、なんか素敵! って、仕事は? ←これ以上触れません・・。

 果たしてことりは、「ねねの高台寺」境内で、愛しい夫に無事会えるのでしょうか?!笑

 ということで、今日はここまで。次回でラストにしよう。

 あとちょっとだけだけど・・・。


 明日が整体だからと、今日は一日中掃除に励んだから眠い・・・。

 では、皆さんお休みなさい、また明日^^



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2011-10-24 23:40 | 鑑賞 | Comments(0)