今日は石山育朗先生のお話

本日は2つのイベント。


 午前:ヒューマンギルドで・・・・
    
 石山育朗先生の「アドラー心理学の理論から私たちの生活を再確認してみよう―人間の体、行動、心―」(生理学編)のゼミに出席。

 午後:母と過ごす(敬老の日だしね)



 さて、午前の部。

 石山育朗先生(いくおちゃん!^^)は、国学院大学栃木短期大學教授。

 今日は、運動の重要性、メタボにならない運動についての生理学的、体力医学的な見地にアドラー心理学的見地をからめてお話してくださいました。

 運動の重要性、メタボにならない運動について、その必要性を統計、生理学的見地から科学的に丁寧に説明。
 筋肉組織のマクロ世界の話も面白かったし、運動時エネルギー供給系(エネルギー源であるATPの作られ方とそのスピードに合わせた運動の仕方)も興味深かった。
 呼吸の重要性については、アドラー心理学的感情のコントロールと結びつけて話してくださった。アドラー心理学を学ぶ人たちにとっては、実にわかり易かった。
 そして具体的にできる運動も教えていただいた。

 ここまでは、専門的生理学的なことは別として、そこそこ健康意識のある人ならどこかで目にしたり耳にしたことのある情報が多くあったと思う。

 ここからが今日の話の真骨頂!

 ではそのように健康によいとわかっていることが、なぜできない、続かない、あるいは挫折してしまうのか。

 そこに今度はアドラー心理学的見地から迫る。

 アドラー心理学の基本理論の一つ、自己決定性(人間は自分の行動を自分で決められる)である。

 やりたいんだけど・・・Yes, but・・・これは基本的に自分を変えたくない証

 これについては、多少時間をかけて学ばなければならない。

 何度も色々な場面で噛みしめ、学ぶ、また時には失敗し、また学ぶを繰り返す中で、自己決定できる自分になっている。勇気も備わってくる。

 今日の出席者の多くの方々が身についていて、今日の話を納得して聴いていらしたと思う。

 ここで、名言も紹介
 「始めなければ始まらない」 by 永藤かおるさん 
 「自分を止めているのは自分」 by 高重和枝さん
 「自分の人生を引き受ける」 by ELMリーダー・マニュアル8章

 最後に石山さんがおっしゃったこの言葉も名言!
 「何気なく過ごしている毎日だけれど、アドラー心理学の理論を使える場面が☆の数ほどある!」

 
 心理学的立場から、行動、身体へのアプローチはあるものの、生理学的、体育医学的立場では、心理面へのアプローチに欠けているそうだ。

 石山さんは今後、心理学的アプローチを学会などでも盛り込んでいきたいとおっしゃっていたが、アドラー心理学を学ぶ私たちにはとても嬉しいことだ。

 そう、これもアドラー心理学の基本的な理論の一つ、「人間を分割できない立場から捉えなければならない」

 どちらからのアプローチにしても、心と体は人間の両輪。切り離すことはできないのだ。

 運動、メタボのための運動、そういった指導にも、心の勇気づけがなくては片手落ち。そういった意味で、今日の話は一味も二味も違う、とても面白いものだった。

 もりだくさんの話を、飽きさせず、わかり易く、科学的にまとめる石山先生。さすが、教授!つい、親しみ易くて、いくおちゃん、なんて言ってしまうけど、プロの顔を見られて、かっこよかったー!!

 ありがとうございました!

 

 
 午後の部 

 母が、東武デパートでやっている「北海道展」に行きたいようなことを言っていた。私は、食べ物にあまり執着がなくて、こういう地方の物産展にはあまり興味がない・・・。混むし。行っても財布のひもかたいし。←ケチ?

 でもねぇ、敬老の日だし・・・一人じゃつまらないだろうし・・・一緒に行くか。

 ・・・・すっごい、喜んでくれたー。こっちが勇気づけられたー!(この頃いつもそう)

 ゼミが終わって直行したので、実は昼抜き^^;

 北海道展に着くなり、
「おかあさん、私コロッケ食べながら見る!」

 satakaさんにいただいた「樺の木ロール」「ニューヨークチーズケーキ」「三方六の小割」もすごい人だかりでした。どれも、とっても美味しかったからすごい人気でした。

 さんざん見たあと、ホタテのお弁当とサンマの焼き寿司を夕飯の足しに、あとナチュラルチーズも買いました。

 母が、金曜日にオープンした売り場面積日本1のユニクロも見たいというので、一緒に見てからお茶タイム。

 今日聞いた話をかいつまんですると、母は興味深く聞いていました。ほんと、こういう前向きな話すきなんだなぁ。

 毎日電話で母の話を聞いていると、母は少なくとも3人の友達を勇気づけているといつも感じていました。母は無意識でやっているのですが、その友達は皆、母に救われているんだなぁと思うのです。
 みんな夫を失ったり色々あって気落ちしています。母は娘も失っています。
 でも、おかあさんの心が健やかなのは、そうやって友達の力になって、役に立っているからだと思うな、と伝えました。

 母は楽しかった、ありがとうとにこにこして帰って行きました。

 その後ろ姿に、ありがとう!私も勇気をもらっています。

  


 帰り道、随分風が涼しく感じました。
 
 さっきは大きく開けていた窓を少し閉めました。秋の虫の声が家の中まで賑やかに聞えてきます。

 台風が来ていますが、台風が過ぎたら秋になるのかな・・・。


 <付録>

 北海道展の収穫。

b0134673_21285393.jpg


 このチーズ、ねぎとおかかと醤油でたべるのが美味しいんですって。って、美味しかった!

b0134673_21295061.jpg


 北海道展、明日の夕方のテレビ「J チャンネル」テレ朝6:00~で放映されるそうでーす。

b0134673_21315254.jpg






最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2011-09-19 21:32 | アドラー心理学 | Comments(4)

Commented by 宮大也智(みやだいなりとも) at 2011-09-20 13:14 x
いつもブログを拝読しています。
石山先生の講義、とても面白そうな内容でしたね。
臨場感が伝わってきます。

ヒューマン・ギルドとかいう会社のホームページをチェックし、今度の機会は逃さないようにします。
Commented by モンキー相々 at 2011-09-22 18:22 x
ブログのニックネームで失礼します。

先日は,昼食を抜きにしてしまい恐縮です。
考えることは色々あって,話したいことは勿論あの時間では足らず・・・
プレゼンでは,度々消化不良を伴う苦痛から逃れられません。

それにも拘らず,過分なご感想を頂き有難うございます。
当事者がこの感想を読むと,クライエントの目,耳,心で眺めている感があって,housewife_lifeさんに共感してしまう,変な感覚になっています。

何はともあれ,また機会がありましたら御参加下さい。
「Next one!」・・・結構,私が好きな言葉です。
Commented by ことり at 2011-09-22 20:36 x
>>宮大也智さん
はじめまして、宮大さん。
なんだか、胸がときめくお名前@@
石山先生の講義、やっぱり直接聴かれるのが一番です。
ヒューマン・ギルドとか、ではなく、ヒューマン・ギルドですが、今度は是非いらしてくださいね!
踊りも、唄も演技もお上手そうな宮大さんにお会いしてみたいです。
その時は「こんにちは!」って、言ってくださいネ!
Commented by ことり at 2011-09-22 20:48 x
>>モンキー相々さん
うわっ!恐縮です!

私たちも、もっとお聴きしたい気持ちになっていました。
モンキー相々さんが、とても楽しそうに伝えられるので、引き込まれました。
伝えるのが楽しくてたまらないっていう姿勢は、大切なんですね。
それと、安心感!^^
専門的な話も、私は難しいというより、そういう裏付けを知るとますます興味深くなるので楽しかったです。
息子が3年間だけとはいえ、アメフトをやっていたので、その時には親もコーチやトレーナーから筋肉づくりのためのレクチャーを受けました。そんなことも、思い出しながら聴きました。
ブログでもっと上手にお伝えできればよかったのですが・・・やっぱり生で聴いていただきたい!
「next one!」を楽しみにしています。
これからもよろしくお願い致します!^^