子育ては楽しくて、幸せな時間

 昨日はサムライブルー、なんとか勝ち点3をもぎとれてよかった~^^

 まやちゃんごーーーる!っつってね!

 まやちゃん倒れて、向うにイエロー出たけど、あれ今野先生とごっつんこしてました。 笑
 今野先生、横でおでこすりすりしてました 笑

 やっぱ、サムライブルーは興奮する!かっこいい!

 さっき、なでしこさんの方も韓国に勝ちましたね。日本!日本!ですね~。



 
 さて、今日は久しぶりに夫のお仕事にお伴しました。

 ミレイさんのご子息が通う保育園の父母、先生、地域の教育関係者の方々向けの講演でした。

 一番後ろで、いつのまにか私も気分は受講者で、つくづくアドラー心理学っていいなぁ、面白いなぁと聴いていました。

 それと・・・・夫は私や息子に日常的に勇気づけをしてくれているなぁと思いました。小さなことでも言葉で感謝してくれるし。


 皆さんは・・・

 あなたの子育ての目標は、親の勝手な願いや理想ではなく自立に向かうものですか?

 経験こそが学び
 こどもが要求していないのに与えたり援助するのは甘やかし

 大人目線ではなく、子どもの目線で子どもに共感する

 子どもは一日の中で、実は不適切な行動は多く見積もって5%くらいしかしていない
 95%は適切な行動
 大人が自分の都合で不適切な行動ばかりに注目している
 適切な行動に注目しよう

 怒りは1次感情、2次感情(怒りの後ろ)には、悲しい、寂しい、落胆、支配、主導権争いがある  
 支配しようとするとき怒りの感情を使う
 怒りが起こったときは一息(当時者のいない場所に行って深呼吸をしたり)ついてから相手に接する

 子どものファンタジーを壊さない
 こどもの想像の世界が創造を生む
 
 信用と信頼の違い
 信用は限度つき、信頼は無条件
 こどもは信用されているのか、信頼されているのか敏感に感じる

 褒めるのではなく勇気づけをしよう
 褒めるのはあめとむちのあめ
 勇気づけは困難を克服する活力を生み出す

 感謝をしよう

 ・・・などという話のところで、特に興味深く大きくうなづいていらっしゃいました。

 親自身が幸せで穏やかな気持ちで子育てを楽しんでいただきたいものです。
支配的な気持ちを持たない親は、子育てというのはとても楽しくて、幸せな時間だと感じるはずです。



 講演後、夫は会社に、私は家に直帰。

 イラスト、ちょっと根を詰めるところを描きました。

 それで、テレビもラジオもつけていなくて、岡山市の市民24万人に避難勧告が出たり、大変なことになっていることをさっきまで知らずにいました。

 早く台風が抜けますように。


最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2011-09-03 23:17 | アドラー心理学 | Comments(4)

Commented by しょんこ at 2011-09-04 11:19 x
5%の不適切な行動に注目し、直させようと叱ったり、説教したりすることに必死になり、95%の適切な行動のやる気さえくじいていくーこれは私自身、気づかずやっていて、やめたときに、子供が元気になり、やる気になっていくことを実際に体験し、感動しました。子供が元気になって、やる気がでてくるのをみることほど、うれしいことはありません。もっともっとアドラー心理学を学んで、実践していきたいです。
Commented by ことり at 2011-09-04 20:32 x
>>しょんこさん
しょんこさんは、本当に実行に移されて、今や勇気づける人になってしまいましたね!
わかっているけど・・・と言っていないで、行動に移せば、一日でも早くhappy親子、happy家族になれるっていうお手本はしょんこさん一家です。
その姿にまた、私たちも勇気づけられます!

ところで、雨が結構突然降ってきたりしてて…心配です・・。
Commented by ミレイ at 2011-09-13 14:47 x
遅ればせながらコメントさせて頂きます。3日は大田区までご足労頂きまして、ありがとうございました。講演会を企画した仲間にとってもタイムリーなテーマだったみたいで、みんな喜んでいました!
2008年にアドラー心理学に出会って以来、人生がガラリと変わり、勇気を持って人生の課題に取り組めていることがとても幸せです。
またお話しできるのを楽しみにしております(^-^)
Commented by ことり at 2011-09-13 22:10 x
>>ミレイさん
ミレイさん、コメントありがとうございます。
そして、先日は講演の機会を作ってくださってありがとうございました。
ミレイさんの笑顔と幸せのオーラが、まわりの皆さんにも伝わって、あの日の企画に結びついたんだと思います。
アドラー心理学に出会っただけでは変わりませんよね。ミレイさんが決意して実行したからこそ・・・。
たくさんの方々が熱心に学ばれて、決意していく姿にいつも学ばせていただいています。

ところで、相対的にゆるいブログですみません^^;ネコをかぶっていない、わたくしの素でございます^^; 笑
お話できるの、楽しみにしています。