会えたね。

 南相馬から大学時代の友人が上京してきました。

 


 私たちは大丈夫、大丈夫。津波にやられなかったから、普通の生活、普通の生活!と、朗らかに笑う。

 でも・・・・3月12日から、ご主人が撮り続けたたくさんの写真を見せてもらったら、がれき以外何もなかった。

 小学校教師の彼女の学校は、海岸線から離れていたので、全員無事だった。でも、震災後3日間の記憶は、校庭から動けず(余震が続くため)初めの地震後すぐにあられが降りだして寒かったこと、児童の親が必死で驚くほど早く迎えにきたこと、3日間おにぎりしか食べられなかった。そのことしかよく思い出せないと言う。

 自分の見える範囲で起きていることしか知り得なくて、別のもっと被害の少ない学校に勤務する夫の、津波がくるという連絡で、家にいた家族は避難をしたそうだ。幸運にも、彼女たちの家のところまで、津波は到達しなかったけれど、町の半分はなにもなくった。

 何日かして、東電が危ないという噂が流れ始め、彼女たちは仙台に避難したが、その道は津波後、全くの手つかず状態で、生き地獄のような道だったそうだ。夜だったために多くを見ずに済んだと言っていた。

 でも公務員だったためにすぐ呼び戻された。

 水、人参1本を、じゃが芋1個をもらうために何度も何度も列にならんだそうだ。

 今日はお洒落をして微笑む彼女が、列に並ぶ姿が目に浮かぶと切ない。

 彼女の町は、人口は半分に減り、学校は先生が余り、副坦制でやっているという。子どもだけ避難させたり、母子だけ避難したり、一家は離散しているという。人口が半減しているので、当然多くの店がやっていけなくなっているそうだ。

 
 「生き残っちゃったんだよね」
と言った、本当に地獄の中を生き抜いた石巻のAさん以外は、津波の被害を受けたNさんも、今日の友人も、朗らかだ。

 被災者にも温度差はある。私たちに、何が言えよう・…ただ聴くだけだ。

 




 せっかく来てくれた明るい友人、話題はいつも通りがよかろうと、私を含むあとの4人で思い出話やら家族の話で大笑いしたりして楽しく過ごしました。
 いつものように美味しい物を食べて。

 さて、気を取り直して美味しい物^^

 彼女の夫は食道楽なので、彼女も美味しいお店、素敵なお店に興味津々。リクエストにお答えして、神楽坂をご案内しました。(この頃、ホント、神楽坂案内してる^^;)

 皆さん初めてか2度目くらいなので、王道の「鳥茶屋」でうどんすき

b0134673_21325357.jpg


 ここのうどん、こんなに太いの^^

b0134673_21332632.jpg


 そして、やはり王道的な路地裏を選んでご案内。

 先日の「秘密の嵐ちゃん」で、ニノとリーダーが中谷美紀さんをおもてなしした「うな徳」?さんとか、かくれんぼ横丁とか、「拝啓父上様」の「鳥茶屋別館」のある路地裏とか。

b0134673_2139498.jpg


b0134673_2140967.jpg

 

友人は旦那に見せると、写真を撮りまくっていました。案内しがいある~!

 そして、ティータイムはやはりご要望に応じて蕎麦粉のクレープの「ブルターニュ」(どんだけ行ってんだ?私^^;)

 
b0134673_2139712.jpg


 そして、また再会を誓って帰途に着きました。





 今晩の夕飯は、夫がカレーを作ってくれてるから、余裕のよっちゃんの私。って、いつも慌ててないじゃんっ!ちゃっかり外食に連れてってもらってるじゃんっ!

 はい。夫、貴重な休日。エアコンのフィルター洗ったり、仕事もしたりしながら、カレーを作ってくれました。

 優しい~!優しい~!

 出かける時は、私をからかい過ぎて(やんちゃ!怒)、私を本当に泣きそうなくらい哀しくさせたけど、優しい~!



今日もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2011-08-15 21:56 | 日常 | Comments(0)