壮絶リポート!・・・?第2弾

 本日はけがはしておりませんが、違った意味での壮絶リポートをお送りしなければなりません。溜息
長くなりますが、どうか皆さん、お付き合いいただきたい。はい。

 そう10時。
10時待ち合わせだったよね、お母さん(T_T)

 母の心臓の手術からもうすぐ一年になります。それで今日はMRIをすることになっていたのです。手術をした東京医科歯科大ではないところで。

 母は自立していて、病院にはいつも一人で行っていますが、今日は行ったことがない場所だったので、私も一緒に行くことにしていたのです

 いつの時点で切り替わったのか定かではないが、いつの間にか私の中で待ち合わせ時間は10時半になっていたんですね。あのね、ことりさん、10時半は予約時間でしたよね。あなた、これ、大変なことですよ。

 10時20分頃に突如、己が勘違いに気付き、動転することり。
「や、やっちまった!で、電話しなきゃ!」

 もう道を歩きながら携帯がお手玉状態!…んなくらいの動転ぶり!

 皆さん、私の母、こんな状況でも、一つも怒らないんです。
子どもの頃から、こういう状況で母に怒られたことはないんですから。

 えっ?!
ガツンとやんないから、こいつはこうなんだよ!って? 
・・・ごめんなさ~い!泣

「あら~!笑 遅刻しちゃうから、お母さん先に行ってるから。あっ、電車来たからもう、乗るから。」
こうゆう娘にいかにも慣れてらっしゃる。
ブチッ←電話を切る音

え゛~っ!
って、待ってください!お母様~っ!
先に行ってるからって、わたくし、そのクリニックの名前も、場所も聞いていなくってよ~!
飯田橋としか聞いていなくってよ~!

・・・とにかく飯田橋まで行きました。
飯田橋で降りるやいなや、またすぐ母に電話。

「お、おかぁさん!ごめんね!私も飯田橋に着きました!」
「あら~、そう?でもね、もうクリニックわかったから大丈夫。ことり、おかぁさん一人で大丈夫だから。もう、時間過ぎてるから、じゃぁ」
「じゃ、私帰っていいの?」
「そうね。もう大丈夫だし。とにかく時間だから。じゃぁ。終わったらまた電話するから」
「そぉ・・・。ごめんね。かえって足ひっぱちゃって・・・ごめんね。じゃぁ、気をつけてね・・・」

 ・・・・・。

 この後、後悔がことりを襲う! 


 飯田橋まで来ていながら、何で引き下がった!?ことり!

 気がついたら、クリニックの名前も聞いてないじゃないの。

 
 そして、ことりは後悔のあまり、それらしきクリニックを探して飯田橋をさまよったのでした。(電話は既に通じなくなっていた・・・)

 見つかるはずもなく、帰るに帰れなくなった私は、気がつくと茫然と神楽坂をふらふらとさまよっていました。検査が終わる頃を見計らって電話をしようと、一縷の望みをかけて・・・。(執念深いな・・)

 自分のあほさに落ち込みながら、紀ノ膳で抹茶ババロアを買い、亀井堂でパンを買い、「たんすや」を冷やかし(ホントに落ち込んでるのかって?ほんっとに、落ち込んでました!)時々電話をし、通じなくてまた肩を落とし、「あっ、新しい店できたんだ!」と覗き、あっちの路地、こっちの路地を歩き・・・・

 ホントに落ち込んでるのかって、また聞きますか?ほんっとに落ち込んでました!って。

 だから、帰れなくてね。どっかでお茶って言う気分にもなれないのだから、もう歩くしかなかった・・・涙

 
 しかし!神は私を見離さなかった!
 

 その時、携帯が鳴った!ブーブーブー!(←私のはこれなんだ)

 「あっ、おかあさんだけど。今検査終わってね、会計待ってるところ」
 「私ね、神楽坂にいるの。すぐ行くから、場所教えて!」
 母はびっくりしていましたが、(そりゃそうだ)裏道を小走りしながら飯田橋へと抜け、私たち親子は無事、会う事ができたのでした。号泣!

 
 クリニックに着いた私は、母を見つけるとまっしぐら。なんか周りがざわついてるな、母も「あっ、あっ、あっ」って感じだなと思いました。
 
 ・・と、受付嬢が飛び出してきて、

「すみません、お靴をお脱ぎください~」
 
 ・・・・ななんと!

 たび重なる試練!

 母まっしぐらの私は、フラットな玄関にスリッパが揃えられている事なんぞ目に入らず、直進。飼い主見つけたわんこか!おまえは。

 我に帰ると耳に聞こえる、爆笑。

 
 しかし、神は見離さなかった。第二弾 

 画像を見ながらの先生の説明を一緒に聞くことができました。最も気がかりだったことだから。
 
 そして、経過は良好とのおことば。泣

 そして、そして、優しく説明してくださった院長先生(推定年齢44、5歳)は、超イケメていらっしゃいました!!←神様、最後にプレゼントですか?!


 
 その後、母とランチをしながら、
「おかあさんって、担当医に恵まれてるね^^主治医のT先生も優しくてカッコいいし、今日の先生も、またすごいハンサムでびっくりしちゃった!」
「そうなのよ!おかあさんもそう思った!もぉ、優しいし、なんて素敵なのかしらって」(デレッデレ)
「おかあさん、あの先生ね、蔵之介と同じ神戸大卒だったよ。その後、スタンフォード大だって」
「まぁ、そうなのぉ。夕べもおかあさん蔵之介の『ハンチョウ』見たわよ。一人でもいいなと思う人がいると張り合いがあるもんよぉ」  *蔵之介=言わずと知れた佐々木蔵之介さん 母、ただ今お気に入り中


 会えてしまえば反省のかけらもない、この会話。ランチのあとは神楽坂散歩を楽しんで帰りましたとさ。

 こうして笑い話にできるのも全て、母の術後がよいおかげです。元気でいてくれてありがとう。


 紀ノ膳の抹茶ババロア


b0134673_2102147.jpg

 



今日もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
 
[PR]

by housewife_life | 2011-06-14 21:04 | 日常 | Comments(0)