壮絶リポート!・・・?

 転んじゃいました・・・。私。

 いやー、参った、参った、

 バイト中、昨日は下がとても滑るので気をつけていたのに。そう、気をつけている時はやっぱ、大丈夫なんですよね。人間。

 昨日は超忙しくて、怒涛の忙しさの中でも滑らないように気をつけて頑張って、やっと片づけに入って、 滑ると認識していない場所を普通に通過中、滑った。

 怖いのはね、そこのあなた。聞いて下さいよ。泣
「あっ、滑った!」
いや、正確には
「あっ、すべ」
の次の記憶が、床に横座り状態でいたことなんです。

 滑ったと認識してから、転ぶまでの記憶というか、あっ、ヤバイとか思いながら見える風景とか普通あるじゃないですか?それが、皆無なんです。

 気づいたら、横座り。それで、えっ!あたし転んだの!と思ったのです。

 えっ、なんで?って言う感じで、それから、息が詰まっているのを感じ、とっさにについたであろう(記憶ないけど)右手の平に激痛を感じて、次に思ったのが、
「巻き戻して、なかったことにするぅ~!」
 こんな痛いこと、なかったことにしないと、後が大変って思ったんです。全力で。


 まぁ、そんな願い叶うはずもなく、力なく立ちあがりながら、次に気づいたことは・・・・

 私の2メートル範囲内には3人も人がいたにもかかわらず、誰も気づいていないという驚愕の事実。え゛っ~!!

「あのー、転んじゃったんですけど・・・」
も変だしとか、考えている私。
いつもの業務に邁進するみなさんの後ろ姿。
かなりなすっ転び方をしたであろうに、完全awayな私。
これ、かなり身の振り方わからないですよ。 
一度、経験してみてくださいよ。この状況。

 で、結局、まっ、いいか・・・と思ったのですけど、手の平を見たら、手をついたところが排水溝の鉄格子の上だったので、格子2本分、うっすら切れて血が出てるじゃありませんか。親指の付け根のふっくらしたところが内出血で青くなって、腫れてるじゃぁありませんか!

 それを見るやいなや、as soon as、
「ねぇねぇねぇ、転んじゃった~!手、激打した~!」

 って、結局すぐ言ってます。わたくし。

 
 まぁ、それからのみんなの優しいこと。涙
 
 みなさんの丁寧な点検により、右膝が青あざぶんむくれの擦り傷、左足脛に擦り傷を発見。と同時に、そこが急に痛み出したけど、ありがとう。ありがとう。

 どこかの角にぶつかったり、お湯や油のあるとこじゃなくてよかったと。それだけは、もう、本当にそうです。転んだだけで済んで、不幸中の幸いでした。

 今日は、眠くて眠くて、トロトロと眠る時間の多い日でした。

 動物が怪我をすると、ひたすらうずくまって、自然治癒するでしょう?・・・・それかな、と思って。・・・・。‐‐;

 さっき起きて手と足をみたら、よくなってるように見えるし。

 寝ると自然治癒を促進する。・・・・。


 皆さんも、お気をつけあそばせね。
 
 
 
今日もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2011-06-05 16:58 | 日常 | Comments(4)

Commented by sora at 2011-06-06 00:07 x
わあぁぁぁ・・・ 目に浮かんでしまった!
大丈夫ですか? 痛みは引いてきましたか?
私が以前、自転車で転んだ(飛んだ?)時は、ゆーっくり
落ちていった感じがしたのですが、反対ですねえ。
一瞬が、時と場合によって色々に感じられるなんて不思議。
痛みが残らないことをお祈りします! お大事に
Commented by カンチャン at 2011-06-06 08:20 x
とんだ災難でしたね。もう大丈夫ですか。
それにしても、こうした一つの出来事に深い哲学的考察をされることりさんはすごいです。将来は、哲学者か大小説家にでもなってください。
Commented by ことり at 2011-06-06 20:11 x
>>soraさん
ご心配おかけしてます^^;
大丈夫です!
それにしても・・・滑ってから着地まで、ものすごいスピードだったんですよ、きっと。
床に手をついている自分に気付いた時は、本当になんでこんな格好してるんだ?と思いましたもの。
soaraさんは自転車から飛んだのですね。スローモーションの中で、今起こっていることを受け入れて行くというのも、哀しいものですよね・・・^^;
経過は順調なので、安心してください!^^
Commented by ことり at 2011-06-06 20:15 x
>>カンチャン
カンチャン、災難はどこにあるかわかりませんね^^;
いやいや、こんな週末が待っていたなんて思いませんでした。
単に滑ってこけただけで、これだけ語るっていうのは、将来、哲学科か小説家っていうより、暇過ぎだろうって話ですね^^;
自然治癒のために寝られるのも、暇過ぎだからかもしれません・・・。
お陰で、もう大丈夫です^^