嬉しいこと2つ

 あはっ、やっぱり今日は昨日の疲れが・・・。あはっ^^;

 でもね、今日はバイトがお休み。夫も珍しくお休みで、ゆっくり一日を過ごせました。



 嬉しいこと2つ。

 夫が森見登美彦様の本を読んで笑っていること。

 夫が一緒に二宮和也様のドラマ「door to door 僕は脳性麻痺のトップセールスマン」(2009放送)を一緒に見てくれたこと。




 朝の時は、
「今日は休みで家にいるけど、勉強しなければならないことがいっぱいあるからな、かまってやれないけど、いいな」
と言っていましたよね、確か。

 クラシックを流しながら、熱心にお勉強のご様子でしたが、途中でちょっと気晴らしにと、森見登美彦様の小説「恋文の技術」を手にとったのが運のつき。

 「ぐふふ・・・んふふ・・・ぐはは・・・がはは!」

 「面白れーなぁ!これ、ことり。いや~、面白い!」
 「でしょ、でしょ!もう、『夜は短し歩けよ乙女』とか『四畳半神話大系』とか『有頂天家族』なんか、すんごいよ!京大のアホ学生が原点のやつは最高だよ。うち、森見の文庫本ならほぼ全部あるからね」
 「そうかぁ、やめられなくなっちゃったなぁ。他の本読まなくちゃいけないのになぁ」

 これが、共感得られた喜び、その1。



 そして、午後。
「セールスマンのドラマいつ一緒に見るの?」(前に、一緒に見てねと頼んでいた)
「よし!じゃ、今見よう!」

 そしてPCでそのドラマを見ました。
 私は、ドラマほとんど見ない星人なのでこのドラマを観るのは初めて。古いのでPCで見た訳です。

 英ちゃんを育てた母(樋口可南子さん)の気持ちに同化しては涙が。
 脳性麻痺で右半身は麻痺、話し方にも障害がある、二宮くん演じるところの英雄こと英ちゃん。その上、幼い頃に父を亡くしている。にもかかわらず、母の、父が言っていたんだよ、というたくさんの言葉で、真っすぐに育てられた英ちゃん。
 そんな彼も20歳になった頃から、時々、自分の身体が健常だったらと考えることがあると語ります。
 障害のある彼が就職した会社は、浄水器の訪問販売。
 立派なセールスマンだった父が残した言葉に支えられながら頑張る日々。
 ある日、自分の力で就職したと思っていた会社は、陰で母が何度も何度も頭を下げていたのだったと知り、自分一人では何もできないみじめさを母にぶつけます。その姿を見守る母の心の痛みは、親だけが知る痛み。
 でも、たくさんの勇気づけを受けて育った英ちゃんは、また次の日から頑張ります。勇気づけされた人間は、こうしてちゃんと受け入れていくことができるのです。
 そこから先は、次々に困難が英ちゃんを襲います。けれどずっとその英ちゃんが、見ている私たちに勇気をくれます。
 そして、最後に一つの大切なメッセージが・・・。

 暖かい涙がこぼれるドラマでした。


 

 自分の好きなもの・・・一人心に暖めていたい人もいる。私は、一番身近な人に話したい。だから、今日は嬉しかった。
 ありがとうね。


 ところで、私が喜んでいるその間(そして今もまだ…)息子タクロウは、今日もまた雨の中、
「door to door」のアルバイト。
 新聞の契約をとる営業のバイトです。
 何が哀しくてで営業のバイト?と、思いました。
 時給がよいとか、スケジュールの自由がきくとかあるようですが、でもタクロウは、きっとこれも就職とか、何かの役にたつと思うのだそうです。

 きっと役に立つよ!今はそう思います。頑張れ、タクロウ!
 


今日もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
 
[PR]

by housewife_life | 2011-05-28 21:11 | 日常 | Comments(0)