カウンセリング&セラピーの理論と実践

 連休前半はヒューマンギルドでお勉強でした。

 「カウンセリング&セラピーの理論と実践」 

 震災以降、いろいろ頭の中が停滞気味、いや、イラストの方に浸ってしまっている私。お勉強モードの回路に切り替わるのに時間を要しておりますが…ついこの間カウンセラー養成講座を修了した皆様は、モード全開。

 お陰様でとてもいい雰囲気でした。人々の作りだすこの雰囲気が大好き。こういう場所、ホント、他にはなかなかありません。

 エネルギーがいりますが、家族布置や早期回想の解釈は、面白いです。今回二日間とも一緒のグループだったMくん、若いのに鋭く深い洞察力!ジャニーズ系に見せかけて(って、本人は別に見せかけちゃぁいないけど…)そうくるか!でした。

 私は「ジャックナイフのMくん」と命名しましたよ。ただし、このジャックナイフ、愛のあるジャックナイフですよ^^

 クライアント役の人もカウンセリング役の方々も、勇気のある方々です。
「一番難しいところやらせてください」
とか、急に別のパートをふられても
「わかりました」
と挑戦し、クライアント役はそこに誠実に身を任せる。

 そこから真摯に学び、勇気づけするオーディエンス。

 勇気づけと共同体感覚のあるこの場、この人たちだからこそ成立するのだと思います。皆さん、本当にありがとうございました。


 講座の楽しみの一つ、懇親会。「句会の後の酒席が本番」というように、懇親会は、これも重要な位置を占めている訳でありまして。超楽しく学ぶ場となっております。
 

 ところで、頭をいっぱい使ってホッと一息のランチ、これも楽しみです。今日は神楽坂の赤城神社の境内にあるカフェに行きました。赤城神社はモダンなガラス張りの神社に変身し、境内にはスタイリッシュなマンションが建っています。そこに社務所とカフェがあります。面白いでしょう。

 カフェの風景

b0134673_20555667.jpg


 私はポテトホットケーキのランチ。軽めで甘めがツボでした^^

b0134673_2057784.jpg


 

 

 ちょっと、過ぎた話しになりますが、先日オペラシティで見たドボルザークのコンサート

 なんと、クラシックコンサートで初めての、最前列での鑑賞でした。

 こんなにじっくり、オケの方々の靴を観察したのは初めて。皆さん、靴はまぁまぁ綺麗に磨かれていました。舞台用に履き替えているのだと思いますが、かかとが少々減っている方もいました。・・・コンサート行って他人の靴を2時間ほど観察するって、何!?
あっ、これは男性の靴のことでして、女性の靴はみんなすてきでしたねぇ。・・・・。って何?!
  
 ちょっとちょっと、一番後ろの列のバイオリン奏者の男性は、私の隣の男性の知り合いよ、みなさん。ステージに入ってきてすぐ目配せをして笑って挨拶していたもの~。
・・・と言われたったてねぇ、そんなの関係ねぇですよね。

 バイオリン奏者たちの足と椅子の脚はよく見えましたが、管楽器は全く見えませんでした。全く。最前列ってこうなんだ・・・。

 でも、そのぶん指揮者とチェロのソリストもすぐ傍!
 二人の息遣い・・・音もすぐそこから響いてくる・・・。そう言った意味の迫力で、前述のわりには実は堪能できるコンサートでした。

 ドボルザークの交響曲第八番は、主題や形式にとらわれ過ぎず、自由で、次々に魅力的な旋律が奏でられて、心を満たす演奏で素敵でした。八番、とても好きです。


 心を満たす連休序盤を過ごしています。



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2011-05-01 21:36 | アドラー心理学 | Comments(4)

Commented by at 2011-05-01 23:08 x
こんばんは☆
初コメントのジャックナイフMこと
空です(笑)

2日間お疲れさまでした&ありがとうございました♪

二日間のお礼と伝えたい事を伝えようと思い
ブログにお邪魔させてもらったら
あらあら、僕の事が書いてあるではありませんか~( ̄▽ ̄;)
お褒めの言葉ありがとうございますm(__)m

さてさて
ことりさんに伝えたい事ですが
この2日間ことりさんと同じグループで勉強させてもらえて
本当に良かったと感じたんです
と言うのも
ことりさんのおっとりした雰囲気と聡明さにとても癒され
嬉しい気持ちというか、優しい気持ちになれている自分がいて
最近こんな穏やかな気持ちにあまりなってなかったので
感謝を伝えたかったんです♪
本当にありがとうございました
またご一緒できる日を楽しみにしていま~す\(^o^)/

(ランチのポテトホットケーキ。写真の撮り方も上手いけど
メッチャ美味しそう~(//▽//))
Commented by Sanshima at 2011-05-03 10:48 x
ことりさん、
勇気付けの講座、。
参加する方々もステキな方々ばかりなんですね。
沖縄での開催が実現するといいなぁ~♪

↓ イラストを描くって資料集めから始まっているんですね。
ことりさんは心の中にある風景を絵にしているんですね。
だから温かくてほのぼのしたイラストになるんですね。
とっても幸せなお話です♪
Commented by ことり at 2011-05-04 21:48 x
>>空さん
ビックリ~!!^^
空さんコメントありがとうございました!
空さんがご覧になるとは思いもしませんで・・・汗、汗です。

こちらこそ、ありがとうございました。
ジャックナイフなんて言ってますけど^^;、空さんという名前はやっぱりぴったりですね。空さんかぁ、驚いています。
二日間とも青空色の洋服でしたね。特に、1日目の綺麗な青は・・・・この間読んだ小説に出てきた男性が着ていた、「美しい空のようなブルーのセーター」という描写があって、イメージを浮かべられなかったのですが、空さんの洋服を見た時、「これだっ!」って思っていたんです。
この青が似合う人はなかなかいないなぁって。
だから、空さんはぴったりですね。

私もあの場とみんなに癒されました。場の力は凄いですね。
飲み会も楽しかったですね。
またお会いしましょう。
赤城神社でポテトホットケーキをお試しください^^


Commented by ことり at 2011-05-04 22:00 x
>>sanshimaさん
そうなの!sanshimaさん。
なにがって、勇気づけの心と共同体感覚をもった人たちの集まる場というのはとても気持ちのいいよい場になります。
安心して自分を出して、そこにいられる。
沖縄で開催されたければ、遠慮なくおっしゃってください。実現可能ですよ^^

イラストは、こうだろうと思って描いておかしくなることがないように、例えばリスがイラストの片隅にいるとしたら、リスの写真を色々集めて持ってきたりしてますねぇ。
中世の女の子なんかを描くときは時代考証があっているように、その時代の女の子の洋服の写真を集めたりとか。
それもまた楽しい作業なのかもしれませんね^^