本日のお勧め!

 びっくり~!

 いや~!びっくり。

 「早稲田野球の魂」 應武篤良著  PHP出版
 

b0134673_17244582.jpg


 PHP出版のWさんからこの本が夫のもとに送られてきたのですが、この本の編集者は、夫の本の編集者でもあるそのWさんなのでした。

 数日前にラジオのゲストに應武監督が出ていて、この本の話をしていました。その晩、夫にラジオの話をして、本を買って読もうと話していたところ。

 その本をWさんが編集していたなんて、ホントにビックリするやら、嬉しいやら。Wさん、斎藤、大石、福井の3人にも会ったんですって。3人とも本当に良い青年だったそうです。いいなぁ~。

 Wさんは、夫の本の編集者であるだけでなく、夫のアドラー心理学もよく学びにきてくださっています。十年以上前、モントリオールでDr.ペルグリーノの授業を受けた時も同行。夫とWさんたちが勉強している間、私はタクロウやWさんの奥さまと観光を楽しみました。
 長身でハンサムなまさに優男のWさんです。(第一印象はカッコいいー!でした)

 びっくりして書いたので、まだ読んでません^^;
 肝心の感想がないという手落ちではありますが・・・本、売れるといいです!



 阿佐ヶ谷の「うさぎや」という和菓子店は人気店なのでしょうか?

 木造の小さなお店の中に入ってびっくり。お客様がぎっしり。そして、次々に入ってきます。

 こんな小さなお店(JR阿佐ヶ谷駅の北口に出て三菱UFJの横の道を入って数十メートル行って右)

b0134673_1658196.jpg


 女性の店員さんが6人くらいいて、お客様からオーダーをとると、お店の奥で品物を包んで持って出てくるのですが、その店の奥がノスタルジック!
 古い大きな木の棚に、木の箱がたくさん並んでいて、その中に作りたてのお菓子が入っているんです。
 お客さんが見るいわゆるショーケースは、古い木の枠のガラスショーケースが一つあるだけ。その中に一通りの和菓子が並んでいます。店員さんたちのいるところは木の床。靴下で床の上を走りまわっています。
 そこだけ、江戸時代?

 包みも素朴で懐かしい^^

b0134673_1744978.jpg


 草もち、どら焼き、うさぎ饅頭を買いました。

b0134673_1753486.jpg


 この頃、日持ちのよいお菓子が多いですが、ここのお菓子は日持ちしないだけあって、昔ながらの材料だけで作られたとても良質な味です。
 草もちの香り、あんの丁度良い甘さ。そして特筆ものは、どら焼き!
「子供の頃のどら焼きってこうだった!」
 と、夫と大感激!
 皮の香りの良さ、味の優しさ、そしてあんこ。一口目は、すこし塩気を感じます。二口目はしつこくないほど良い餡の味が広がって、
「昔の手をかけた和菓子の味だ~」

 こんな美味しいどら焼きは昨今食べたことはありません。



 「うさぎや」さんと「早稲田野球の魂」
 本日の超お勧めでございます!
 



今日もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
 
[PR]

by housewife_life | 2011-02-27 17:26 | 日常 | Comments(0)