伯父がくれた野菜  懐かしいおはなし

 伯父が来るというので実家に行きました。伯父は相模原に住んでいるのですが、相模原には農協があるそうで、野菜をたくさん買ってきてくれました。

 母のすぐ上の兄であるこの伯父は、話し上手で面白くて、子どもの頃から伯父の話しを聞くのが大好きでした。話しを聞いては姉と笑い転げたものです。

 この日も、奥さんにいかにこき使われているか、一見こき使われているようでも実は、伯父の方が一枚も二枚も上手で、すっとぼけているのさ、という話しを臨場感たっぷりにしてくれて、母と私は大爆笑。私達の笑う様子を見ては、いたずらっぼく満足気に笑う伯父の顔に、また笑ってしまう私でした。

 スナックえんどう、グリーンピース、空豆、ふきを分けてもらいました。家に帰ると、北海道から2Lと3Lの立派なアスパラも届き、グリーンの野菜が好きな私はウキウキです。

 早速グリーンピースご飯、ふきの煮物を作り、空豆を茹でました。アオヤギとワカメの酢味噌がけにアスパラをあしらい、暑かったので冷奴にナスのニンニク醤油炒め煮を作りました。

b0134673_22271280.jpg

b0134673_22275137.jpg


b0134673_22282657.jpg

b0134673_22284710.jpg


b0134673_2229850.jpg




 次の日は、アスパラと空豆とエビのクリームトマトソースのパスタ。


b0134673_2231028.jpg


b0134673_22311769.jpg



 いただいた野菜で美味しい食事になりました^^ありがとうございました!


 考えてみると、子供の頃、私の周りには話し上手の大人が何人かいました。何と言っても一番は父です。そして父の兄である伯父。そして先ほどの母の兄である伯父。

 父はお客様があると私と姉をずっと一緒に座らせて、お客様と過ごさせました。私は話を聴くのが好きなので、じっと座って大人の会話のやりとりを楽しみました。
 この人って人の話を聞かずに自分ばかりしゃべるんだな、とかこの人は自分の考えがしっかりある人なんだ、とかこの人って苦労しているんだ、とか・・・襖越しではないけれどおとなの会話から色々察したり、考えたりする機会がありました。

 父の兄、母の兄は身近な人ですから遊びに行ったり来たりすると長々と話を聴きました。特に父の兄・・・みんなは話が長いと言うし確かにそうなのですが、内容は実に面白かった。読書と勉強が好きな伯父で、自分は仏教徒なのですが、友人の牧師と宗教論を戦わすのが好きでした。ずっとずっと昔の先祖探しの話しなど伯父が亡くなった後、私がよく知っているのでみんな驚いたほどです。この話はタクロウにもしてやりました。タクロウも興味を持って、4年生の夏休みに先祖をたどる、神社を探す旅を家族でしました。

 夕食の後は、父が色々な話をしてくれました。毎晩のように、私はそれで、それでとせがんで話を聞いたものです。

 今となっては懐かしい話。自分にしか興味のない人の長話はつまらないけれど、教養や広い視野で話ができる人の話はいくら聞いても飽きないものです。



今日<もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!

 
[PR]

by housewife_life | 2010-06-05 23:02 | 日常 | Comments(2)

Commented by saineria at 2010-06-07 15:15 x
野菜たっぷりの、しかもとってもおいしそうな素敵お食事ですね。

今までは、「野菜って苦手だけど、食べなくちゃいけないもの」だったのです。
最近になって、私、ようやく野菜の味を心の底から「おいしい」って
思えるようになりました。

ソラマメは、実家の母にもらったものをゆでただけで
料理を考えながらつまみぐいして
なくなってしまいました。

とれたては、あまくておいしかった。まだ少しだったので
あっという間に食べちゃいました・・・
Commented by ことり at 2010-06-08 19:32 x
>>saineriaさん
そうですね。
私も若い頃より、断然野菜好きになっていますよ^^
メニューも野菜がまずあって、それをどう使おうかって、いつの頃からか考えるようになっています。

ソラマメ、わかります!ついついつまんで、止まらなくなるんですよね。私もソラマメは、料理に使うより、そうやって食べるのが実は一番好きです。
saineriaさん、野菜作りでますます野菜が愛おしくなるでしょうネ^^