それは道端に、日常の中に。

 昨日はあんなに暖かかったのに、今日は冷たい雨。

 菜の花がきたのでお浸しにしようと思ったら、結構お花が咲いていました。菜の花の辛子和えも食べたいし・・・お花のところだけ切ってあとは辛子和えに。


 小さな菜の花が家のあちこちに春を咲かせてくれました。可愛らしい風景!


b0134673_13364476.jpg




b0134673_13375988.jpg

b0134673_13372473.jpg





 ヘルシー食材2品。アボカドとヤーコン芋です。


 アボカドは「パーラーフクナガ」の真似をして、ディップにしてオープンサンドに。新玉ねぎも来たので、みじん切りにしてディップに入れました。レモン汁とマヨネーズと胡椒を少々。美味しい!
b0134673_13435489.jpg



 ヤ―コン芋は見かけはサツマイモみたいですが、生で食べるんですよ。日本にヤ―コンが入ってきたのは1985年ごろだったそうで、その頃は分からないことが多く、みかけがサツマイモに似ているのでふかして食べたらおいしくなくて普及しなかったそうです。
b0134673_13494113.jpg


 ごしごし洗うと、白くなります。皮を剥いて薄切りにしてマヨネーズで和えます。
b0134673_13505931.jpg

 ほんのかすかにウドのような香り、シャキシャキした食感でほんのり甘く、リンゴにも似ていますが、食べたことのない味。さっぱりしていていくらでも食べられる感じです。

 このアンデスからやってきたヤ―コンは素晴らしいんです。

 お芋なのに低カロリー。世界一オリゴ糖を含む野菜。他の芋の1.5~2倍の食物繊維。赤ワイン並みのポリフェノール。カルシウム、マグネシウム、鉄、カリウム、亜鉛を多く含む。抗酸化作用は緑茶のカテキンをしのぐ!なので、糖尿病や高血圧に有効なんだそうです。


 素晴らしい!我が家は去年から、このヤ―コンの葉からつくったヤ―コン茶というのを飲んでいます。お茶にももちろん同様の効果があるそうです。

 

 

 雨の中おつかいに歩いていると、ふと私をひきとめる香りが。
「あっ・・・、これは!」
 辺りに忙しく目を走らせると、ありました、ありました、小さな沈丁花の木。
「もう、こんなに咲いたのね?」
思わず引き寄せられて、顔を近づけて何度も深呼吸をしました。心の奥深くまで沈丁花の香りが届くと、雨粒も輝いて見え、幸せな感じが内側から身体の外へあふれ出します。

 「ありがとう」

 沈丁花をパチリと写しました。香りも一緒にとれればいいのに。アップした写真から香りがたったら、みんな癒しの一時を味わえるのにな。


b0134673_14103632.jpg


b0134673_14105238.jpg



 あの雪に埋もれたヒヤシンスも甘い香りを放ちながら咲き始めました。


b0134673_1413576.jpg




b0134673_1413204.jpg

 

 こんな小さな花たちが、一生懸命幸せな一時を用意して、命を輝かせて道端で待っている。一人ぼっちで寂しい人にも、行き詰って苦しい人にも、花を買うお金のない人にも。それにあなたが気づくかどうか・・・。



今日<もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2010-03-06 14:29 | 日常 | Comments(2)

Commented by sky at 2010-03-07 17:35 x
今日NHKの日曜美術館は等伯さんでした。
ことりさんのお好きな絵はどれだろう?と思いながら観ましたよ~。
私の全く知らない世界でしたが、日本画の繊細さはため息が出るほどでした。
Commented by ことり at 2010-03-08 17:18 x
>>skyさん
あぁぁ・・・、私それをDVDに撮るの忘れてしまったのぉぉ。
どうだった?
すごかった?
ため息出た?!
7日にNHKでやるから、その後は混むので7日前に行った方がよいとナイスなアドバイスを聞いていました。
それで、7日前には行ったけど、番組は見そびれた~!
解説を聴くとまた、よさを知れていいものね・・・残念!