こころちゃんと、からだちゃんのお話

 こころちゃんと、からだちゃんのお話です。
 
 「のんびりを減らせる日も、もうそろそろやってきそうかな・・・・」

 こころよりもからだのために、のんびりする必要があったのでこころはからだのために、よくおとなしく協力してからだがのんびりするのを許してくれました。

 こころがからだを
「こんなにのんびりしていていいの?」
などと責めたりしないで
「一緒にのんびりしようね」
と優しくからだに寄り添ってくれたことはからだにとって、本当にありがたいことでした。

 からだは、それでこころが退屈しないように、からだなりに、家の中で手芸をしたり本を読んだりすることでこころを満たしてくれました。からだがしてくれるそんなことを、こころは無理しないでね、と気遣いながら味わいました。

 こころとからだは、
「もう少しね、きっと」
と顔を見合わせて微笑みを交わしてから、読みかけの本を覗きこみました。

b0134673_1823931.jpg


 からだは、春と一緒にこころの望む、色んな事をしてあげようと小さく決心して、文字に目を落としました。
 


 こんなに寒い今日だけど、春は気配をこっそりのぞかせています。

b0134673_184577.jpg


 ―M.Uに捧げる―


今日<もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2010-02-17 18:08 | 日常 | Comments(2)

Commented by さゆりん at 2010-02-19 18:35 x
なんかホッとしますねー ここに来ると。
現場・残業の日々で疲れ気味でしたので尚更。
「こころちゃんとからだちゃん」のイラスト いいなぁ~♪
私も明日はゆっくりつるし雛の続きを作ることにします。
Commented by ことり at 2010-02-20 08:56 x
>>ゆこさん
つるし雛を作っているのですね!素敵。、いくつになっても、お雛祭りは少女のような気持ちになっていいです。

残業、責任ある仕事、お疲れ様です。
つるし雛作りで癒されますね、きっと^^
ゆっくりしてね。