ただいま! 山口県に行っていました

 旅行に行っていました。

 山口に出張の夫が、二日休みをとってくれて、萩・津和野に連れて行ってくれたのです。
「萩・津和野は、ことりが好きな町。絶対気にいるよ」
ここ数年、長期の休みはタクロウのアメフトの練習があって、気付いてみると旅行らしい旅行をしていなかった私。夫は山口出張の度に、早く私を連れてきたいと思っていてくれました。

 私は自分から積極的に旅行をしたいと思うタイプではありませんが、いざ行くとなるとガイドブックでしっかり予習をします。それで私が行きたいところは、
「今回はことりのための旅行だから、ことりが行きたいところどこでも案内しますよ」
と、徹底的に付き合ってくれた夫。本当にありがとう。

 一日目は、レンタサイクルで萩巡り。
 二日目は、レンタカーで萩の外周と津和野へ。そして夫の出張先の徳山へ。
 三日目は夫は仕事なので、私は一人で電車やバスに乗り継いで、秋芳洞と山口散策。夜、夫と待ち合わせて最終便の飛行機で帰ってきました。

 食事も観光もダイナミックに楽しみ、満たしたい夫に対して、建物、小路からそこにいたであろう昔の人々の暮らしを感じとったり、食事もゆっくり味わいたい私。そんな私に夫はよく付き合ってくれました。

 写真は名所にこだわらず、私の心がひかれたものに焦点を合わせたものの一部です。
 今日は、萩の巻です。


 
(中下級武士の町 菊屋横丁)
 
b0134673_15454261.jpg

(菊屋家の庭 菊屋家は毛利家御用達の豪商 江戸からの将軍様をお迎えするのは指月城ではなく菊屋家だった)
 
b0134673_15503998.jpg

b0134673_1551263.jpg

(菊屋家の台所 こういう生活感のある場所を見て、当時に思いを馳せるのが好き 女たちの声が聞こえてきそう)
b0134673_15531716.jpg

(菊屋家のなまこ壁 漆喰が美しい)
b0134673_15552788.jpg

(木戸孝允の生家 この静かな佇まい 当時の質素で勤勉な家人の息遣いを感じる)
b0134673_1556548.jpg

b0134673_165220.jpg

(高杉晋作の生家)
b0134673_15581041.jpg

b0134673_15585574.jpg

(口羽家)
b0134673_1602294.jpg

b0134673_1604818.jpg

(厚狭毛利家萩屋敷長屋 廊下はなく、奥の間と合わせて二間が南に向いて開放的にずらーっと並んでいる どんなふうに暮らしていたのかしら)
b0134673_1623624.jpg

b0134673_163590.jpg

(上級武士の屋敷の壁 あちらこちらに夏ミカンが実る)
b0134673_1641988.jpg

(民家の壁は縦にはられている 東京では横にはるので珍しい光景)
b0134673_1665559.jpg

(平安古の鍵曲 行き止まりに見せて敵を欺くように作られている
b0134673_168354.jpg

(堀内鍵曲 とても美しい道)
b0134673_16104825.jpg


(藍場川 昔は道いっぱいの川幅で、お城までの船での流通をになっていた)
b0134673_16115640.jpg

(藍場川から家の中の台所に水を引き込んでいた旧湯川家 工夫を凝らした暮らしがうかがえる)
b0134673_1614117.jpg

(同じく旧湯川家 手水場に添えられた椿 前日に飾ったというお雛様)
b0134673_1616563.jpg

b0134673_16164554.jpg

(東光時 奇数代の毛利のお殿様の菩提寺)
b0134673_16185976.jpg

b0134673_16193284.jpg
b0134673_16195119.jpg


他に、松陰神社などにも訪れました。野山獄の跡地に行き、松陰、高杉晋作とも実家が近くにあり、彼らの家族はどんな気持だったろうと胸が痛みました。
 それにしても、日本の歴史を変えてしまう力を持った人々を育て上げたこの小さな町。この町が質素で清潔なのは、教育を重んじ、人々が本質をみる目を持っていたからなのでしょう。毛利家が質素で勤勉であったので、他の城下町のように高級な菓子などがないのが象徴的です。
 そうした秘密を熱く語ってくれた人もいて、とても勉強になりました。その話はまた今度機会があったら^^
 
 今日はここまで^^



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2010-01-29 17:06 | 日常 | Comments(4)

Commented by のん at 2010-01-31 11:29 x
ことりさん、おかえりなさ~い。^^

いいなぁ!いいなぁ!
私ね、昔からずっとずっと行きたいと思っていたところが
萩、津和野なんです。
羨ましいなぁ~なんて優しいご主人さまなのでしょう。。。

ことりさんの日記を眺めながら、一緒に行った気分になっている私です。^^
>質素で清潔なのは、教育を重んじ、人々が本質をみる目を持っていたから…

またぜひ、続きのお話をきかせてくださいね。


次のお話も、楽しみにしています♪

Commented by いち at 2010-01-31 17:14 x
おかえりなさい。
いい旅でしたね。
これからも楽しみにしていますね。
わたしたちが3年前(2006,10)に行ったのを思わず見返してしまいました。
Commented by ことり at 2010-01-31 23:37 x
>>のんさん
のんさん、ただいま~^^

のんさんも、行きたい場所だったんですね!
のんさんなら、私の家からより、だいぶ近いですからきっと、近いうちに行くことができるでしょう。そんな予感^^

のんさん、長々しく書いた中で、私が一番伝えたかったところを感じてくださってました!感激。
感性がにてるのかなぁって、嬉しくなりました。
のんさんの感性に似てたらすごいも~ん^^
本質に沿っていると、シンプルな美しさを感じさせるんでしょうね。

後もう少し続きを書く予定なのでよろしくお願いいたしま~す。
Commented by ことり at 2010-01-31 23:41 x
>>いちさん
いちさん、ただいま^^

いちさんのブログには旅の話題や写真がいっぱい。
私は珍しいですね。
久しぶりで楽しかったです。

さすが、いちさん。萩・津和野はやっぱり行ってらしたんですね!
時間があったら3年前の見てみたい!と思ってます。