初めての大相撲観戦 館内はまるで湯屋のよう!

 楽しかった~!

 両国国技館へ「大相撲初場所」を観に行きました。

 義兄さんが、仕事関係の方からチケットをいただいたのです。「砂被り」の席は一枚だったので、そこは義兄さんが、私と母は2階向正面の一番前でロイヤルボックスの真正面でした。義兄さんは向正面西寄りの前から4番目で、力士が力水や塩のところに来ると、息遣いまで聞こえる席だったそうです。

 生のお相撲を観るのは、初めてだったので見るもの全てに感激の私。

 生憎の雨にも関わらず、出向かえてくれる旗は、陽気で元気な日本の色どりです。

b0134673_1332437.jpg


 中に入ったら、14番のお茶やに行き、そこで席まで案内してもらい、御心付けを2千円ほど渡すようにと教わっていました。お茶屋のあるところは明るく賑やかで、まるで江戸時時代の町にタイムスリップしたかのようです。茶屋に行く前に、覗いてみると十両の取り組みをやっていました。こころはワクワクです。

b0134673_13371071.jpg


 茶屋に行くと各茶屋に女将がいて男の人を呼びます。その人が私と母のお土産を提げて、席まで案内してくれました。茶屋だけでなく、館内は着物となんというのでしょうか、膝までの丈の着物のニッカーポッカのようなのをはいた男の人がたくさんいます。

 
b0134673_13415091.jpg



b0134673_13423750.jpg


 升席は先ほどのお茶やの着物の男の人たちが運んだ、お茶やお酒やお弁当でまるでピクニック。お茶やの人が行ったり来たり、まるで「千と千尋の神かくし」の湯屋のような、楽しい雰囲気にびっくり。そうそう、茶屋や係の人が来ているのは、湯屋の人たちが着ていたのと同じです。

b0134673_13503311.jpg


 東の中入りが入場しました。

b0134673_13465880.jpg


 続いて西の中入り。

b0134673_13474521.jpg


 そして、東の横綱白鵬の土俵入りです。凄い人気。

b0134673_1352134.jpg
b0134673_135236100.jpg


 世間を騒がせていますが、西の横綱朝青龍も凄い人気です。観客をぎろりと睨みまわすと、大歓声。品行方正で優等生タイプの白鵬とは違う意味でスター性を持った人なんですね。

b0134673_13545544.jpg

b0134673_13551174.jpg


 取り組みを観ながらも、館内の雰囲気が面白くてたまらない私。取り組みが一番終わるごとに二番後の力士のための座布団が運ばれてきて、入れ替えに、終わった力士の座布団が運び出されていきます。大きな座布団で、鮮やかに染められた色がとても綺麗です。そして、座布団には力士のしこ名が染め抜かれています。
これは、把瑠都の座布団です。

b0134673_1433222.jpg


 取り組みの間、飲んで食べて、お茶やの人が行ったり来たりお土産を運んだり、お茶を運んだりしているのも、江戸の娯楽を楽しむ人々を観るようで楽しい。これが、サッカーや野球だったら、まわりにいるのは警備員や、ジャンパーを着た係員で、みんなあまり動かずに食い入るように試合に釘付けだし、サポーター席だったらずっと歌ってはねて応援です。相撲は個人競技だから比べられないけれど、この、おっとりとした雰囲気、一昔前のよき時代の時間の流れのように感じました。


 写真はないのですが、高見盛の人気も凄かったです。高見盛が握りこぶしで、頭をふって気合を入れると館内は大歓声です。気合通りの勝ち相撲でした。

 記録のかかった大一番もありました。勝てば千代の富士の記録を抜く、通算808勝の新記録達成がかかっている大関魁皇と大関から関脇に落ち、負けると今場所三連敗で力士生命がかかっている関脇千代大海の一番です。
 二人は盟友という皮肉な一番です。どちらも頑張れの大声援でした。
 結果は、絶好調の魁皇が勝ち、新記録を達成しました。歴史的一瞬に立ち会えました。一方、今朝のニュースで千代大海が引退を表明したことを知りました。功績を称えたいものです。


 最後は、横綱白鵬、朝青龍が順当に勝って大相撲初場所3三日目は幕を閉じました。

 
b0134673_2122158.jpg

b0134673_21225731.jpg

b0134673_21233877.jpg


 相撲が終わってもなお、後片付けの人々に、私は釘づけ。色とりどりの着物がきれいで、土俵上を掃く人や座布団を片づける姿に、手仕事の日本文化を感じ、昔は何もかもこんなペース、こんな手間で時間が流れていたんだなぁとしばし見とれてしまいました。

 
b0134673_21303197.jpg

b0134673_2131038.jpg




 観戦後、義兄さんと待ち合わせをして、3人でちゃんこ屋さんで美味しい塩ちゃんこを食べ、よく語り合いました。よい語り合いに心もお腹も暖まり、大満足で帰りました。

 さて、気になるお土産は?

b0134673_21343137.jpg

b0134673_21345660.jpg

b0134673_21352984.jpg

 包みを開けると、お饅頭と軍配の模様の中鉢でした^^


 楽しさに酔いしれて地下鉄の階段を降りるや、目に入ってきたのは女の子と地下鉄を待つタクロウの姿!向うも私に気付きました。私もタクロウも知らん顔。私は素知らぬふりで隣の車両へ。全く、私たちってどうしてこんなにジャストタイミングであっちゃうのかしら?!駅で降りてから一緒に帰りました。
 「荷物、お持ちしましょうか?」
優しいねぇ、タクロウ君^^

 ちなみに、女の子は彼女ではありません。放研仲間です。



 夢に出てきたのは、お相撲さんではなく、色とりどりの着物(作務衣っぽい)を着た、茶屋のおじさんたちや、係の人たち。景気の良い江戸時代の一こまみたいな雰囲気が、相撲以上に気に入ってしまったからでしょうか。


 義兄さん、楽しい一時をどうもありがとうございました。



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2010-01-13 21:59 | 日常 | Comments(6)

Commented by かこ at 2010-01-15 10:38 x
わ~生で~独特な雰囲気なんでしょうね~
私の父も大好きで4時過ぎになると見せられてましたね
焼き鳥有名だけど食べましたか~
こちらはうちの家から道路を挟んで隣の建物に巡業できてます

タクロウくん成人式おめでとう
あっ!という間なのかな
Commented by みるる at 2010-01-15 18:12 x
主婦にして置くのがもったいない位の臨場感溢れるレポートに釘付け。
写真も良く撮れてますねぇ~。
相撲。一度は行かねばです。

そして、もうひとつ興味津々。
男の子は外であってもこのようにするのですね。
娘しか育てたことのない私にはとても新鮮な驚きでした。
う~~ん、なるほど。
丸が大きくなった時のために、もっと色々ご伝授頂かねば。
Commented by さゆりん at 2010-01-15 20:18 x
千代大海の最後の一番をご覧になったのですか?
国技はいいですねー。ことりさんのレポートもわかりやすくてグー!!

義兄さんとは亡くなったお姉さまのご主人様ですか?
素敵なお付き合いをされてますね。
心温まるブログ、大ファンですよ♪
Commented by ことり at 2010-01-18 17:39 x
>>かこさん
雰囲気、ありましたよ~。
土俵の上は真剣勝負だけど、観客は飲んだり食べたり、ゆる~い雰囲気で、湯屋の感じのおじさんたちが江戸な雰囲気で、面白かったです。
お父さん、お相撲好きなんですね。
夕方のあの太鼓で始まるテレビ中継の感じ、こどもにはあわないテンポが不思議な世界でしたね。

焼き鳥、有名なの?知らなかった~!

かこさん、真近で巡業のお相撲さんを観れるのかな?すごいいい場所!

タクロウのこと、有難うございます。
あっという間です。とにかく成人式を無事に迎えられればと思ったけど、えっ、もう?とちょっぴり寂しいです。
Commented by ことり at 2010-01-18 17:51 x
>>みるるさん
みるるさん、ありがとうございます。
初の国技館で、見る物みんな面白くて興奮してしまいました^^;
2階の席だったので、江戸の庶民の楽しむ姿を俯瞰して楽しんでた感じでした。

タクロウは、学校で会っても、試合に行って話しかけたりしても全然平気な人なのですが、大学生になったので私が遠慮してます^^
地下鉄の駅であまりにもよく遭遇するし、そんな時は私が遠慮しているのを知っているので、お互い他人の振りをして、降りた駅で待っててくれて話しながら帰るんですよ。
知っている子だったら挨拶するけれどね。
男の子でも色々です。丸くんはどんなタイプかなぁ?楽しみ!
Commented by ことり at 2010-01-18 17:58 x
>>さゆりんさん
そう、偶然、千代大海最後の試合を観ちゃいました。
同時に、魁皇の新記録樹立も!

義兄さんとは、姉のだんな様です。
こういう関係はみんな、人生のプレゼントなのだと思います。
姉はいなくなっても、義兄とみんな家族としてつながっていられる。片道通行ではできないつながり・・・姉にも義兄にも感謝しています。

拙いブログを読んでくださって、ありがとうございます、さゆりんさん^^