私  ほんとうは....

 朝、いつものように新聞の読者投稿の中からひとつだけ選ばれた詩が載っている「朝の詩(うた)」の欄を見ました。

 前半の部分を読み始め、思わずからだと心を新聞に寄せます。後半を読もうとして、その前にふと投稿者の名前を見るとそれは、以前にもご紹介したあの柴田トヨさんでした。

 98歳のトヨさんです。先日詩集を出したばかりだけれど、トヨさんは投稿していたのですね。やっぱり私をひきつけましたね。嬉しい。


   「こおろぎ」

  深夜  コタツに入って
  詩を書き始めた
   私   ほんとうは
  と  一行書いて
  涙があふれた

  何処かで
  こおろぎが鳴いている
  泣く人遊んであげない
  コロコロ鳴いている
  こおろぎコロスケ
  明日もおいでね
  明日は笑顔で
  待ってるよ



  「私 ほんとうは
  と 一行書いて
  涙があふれた」

 トヨさん、ほんとうは、何が書きたかったの?

 98歳のあなたが深夜、コタツで一人涙をあふれさせている姿が浮かんで、私も涙があふれます。

 私もあるよ、
 私ほんとうはって、涙があふれることが。

 でもトヨさんは書かなかった。こおろぎコロスケの声に気付いて、一人ぼっちじゃない、明日は笑顔で待ってるよって。

 そう、「ほんとうは」と書いてしまいたいことを書かないそのトヨさんの優しさと強さ。

 明日は笑顔に変えようと決心するエネルギー。静かな強さ。書く手をとめて、こおろぎコロスケに静かに耳を傾けるトヨさんの姿が浮かび、静かに胸にしまっておくことの切なさと美しさに心うたれる私です。



 人は時に孤独です。でもそんなとき、花に、木に、空に、虫の声に、風の声に包まれていることを感じられる繊細さを持ち続けていたいです。とよさん、今日も勇気をありがとう。



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2009-12-02 20:31 | 日常 | Comments(4)

Commented by さゆりん at 2009-12-05 09:36 x
勝手ながらことりさんのこのblogを私の日記に貼らせていただきました。
トヨさんの詩もですがことりさんの優しく可愛らしい感性に友人達も温かい気持になったと言ってました。
ありがとうございます。
Commented by ことり at 2009-12-05 19:37 x
>>さゆりんさん
こんにちは^^
この間は、嬉しかったです。ありがとうございました。

トヨさんの詩は本当に素敵だし、勇気づけられますよね。みんなで分け合えれば嬉しいです!
こちらこそ、ありがとうです^^

Commented by ひろ at 2009-12-05 19:54 x
とよさん・・・!!!!
この詩をそういうふうに読めることりさんも、
なんてステキなんでしょう。
読んでて泣いてしまいました。
私もあります、「私ほんとうは」って泣いちゃうこと。
弱音を吐く潔さと、吐かない強さ。
上手に自分の中でコントロールしていけたらいいなぁって思いました。
Commented by ことり at 2009-12-07 23:05 x
>>ひろさん
まさに、とよさん・・・!でしょう?!
ひろさんも泣けてしまったのね。
若いときはエネルギーもある。でも、98歳になって
「私 ほんとうは」
って言う気持ち・・・。
一人ぼっちで、何を思っていたのでしょうね。
ひろさんの言う通り、
吐いた方が良い時、吐かない方が良い時、それを見極める知恵が欲しい。