黄金のトライアングル

 昨日、ジョセフ・ペルグリーノ博士達が帰国しました。
夫は本当にお疲れ様でした。

 例年、私は彼らが東京でワークショップをしている間、彼のパートナーのリーズの観光案内をしているのですが、今年は最後の来日になるとのことだったので、観光案内を他の方にお願いして、2つのワークショップに計3日間、参加させていただきました。

 でもジョセフ、リーズ、初来日のジョセフの娘のマリールー、彼女の息子のフィリップ(10歳)の面々と夫と私で日光に行ったり、タクロウも合流して家族だけで3時間もかけて楽しく会食したりすることもできました。ワークショップのメンバーとのパーティーも、ジョセフの家族とタクロウも参加して盛り上がりました。

 昨日、最後はお互いの家族みんなとで上野公園をのんびり散歩し、ランチを楽しみました。(タクロウはランチ後大学に急ぎましたが)みんなで過ごす、プライベートなリラックスできる時間は、素敵です。

 でも、今回は久しぶりにジョセフのワークショップに参加して、今もまだその余韻に浸っています。ジョセフ、通訳の埴原さん、ファシリテーターをする夫の黄金のトライアングルは、素晴らしいワークショップを提供した以上の教えを私達にプレゼントしてくれました。

 春、ジョセフの今回の来日にドクターストップがかかりました。セカンドオピニオンのドクターからもストップを宣告されました。ジョセフは落ち込みました。しかし、
「これは私の人生だ。意見やアドバイスは受け取っても、私の人生を彼らに操作することはできない」
そう思った瞬間にジョセフのセルフモチベーションは高まり、
「私の人生は、ずっとアドラー心理学でたくさんの人々を援助してきたではないか。私はできる。日本へ行こう」
という決意に到りました。
埴原さんの、
「あなたはこのままで日本で待っている人とお別れしてはいけない!最後にもう一度来てください。私達が全力でサポートします!」
という強いメッセージもジョセフを勇気づけました。
夫も全責任を負うと表明してジョセフの来日をプッシュし、準備を中断しませんでした。

 そばで見ていた私は、ことの重大さに、来られないことを受け入れることが優しさではないかと思う反面、ジョセフが日本に来てワークショップを成功させられたら、それはどんなに大きな勇気をジョセフ自身と私達に与えるだろうとも思いました。現実的でなければいけないけれど、ここを乗り越える選択をすることが私がいつも尻込みしてしまう「勇気」というものなのだ、と強く感じました。

 黄金のトライアングルは力強くワークショップ開催に向けて動きだしました。地方開催を担うMさんも固く来日を信じて、結論が出るまで会場をキャンセルしようとしませんでした。


 ワークショップ開催前から勇気づけに満ちていたのです。そして一昨日、大成功のうちにワークショップは終わり、最後にジョセフは私達に誓いました。


 「健康が許す限り、来年もまた来る」と!

 それで昨日、私達は涙の別れをすることなく、笑顔で゛See you agein!゛と見送ることができたのです!

 黄金のトライアングルは、一時は深刻であったにせよ、あとは他者と自分への勇気づけをユーモラスに自然体で軽々とやって見せました。

 「恐れないこと」

 この様な中で行われた「セルフモチベーションを高める」(極めてアドラー的な共同体感覚と健全感のある)ワークショップの効果は、時間の経過と共に、ジワジワと効いてきます。興奮と感動でいっぱいになっていた頭と心が、だんだん整理され、冷静で現実的になってこそ、静かに勇気が沸き、でも肩の力が抜け、ユニークな私で生きるのは楽しいという感じがしてきます。

 黄金のトライアングルはもちろんのこと、受講されたすべての方で作り上げた「場」 、だからすべての方にありがとうございました。

 でも、やっぱり一番ありがとうと言いたいのは、身を粉にしてワークショップを準備しながらも、常に楽しそうに目標に向かってベストを尽くした夫です。いつもあなたはそうですね。本当にありがとう。



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2009-12-01 10:50 | アドラー心理学 | Comments(8)

Commented by かこ at 2009-12-01 12:57 x
お疲れ様でした
最初の方を見て、思わず『話せるんだ~』
でも通訳さんいたんですね~
ことりさん通訳要らずでペラペ~ラなのかも

日光かぁ~
あっ!日光江戸村も行ったの?
1回しか行ったことないけど、楽しかったな~
Commented by みるる at 2009-12-01 16:01 x
ペルグリーノ博士と周囲の皆さんの深い絆を感じました。
体調が悪くなると、心も弱くなる・・・はず。普通は。

博士は、本当に、日本がお好きなのね。
そして、みんなが大好きなのね。

誰かの気持ちがちょっとでも揺れたら、素敵なワークショップにはならなかったでしょうね。 そう思うと、みんなとても素敵な人たち♪♪♪~

今日も名古屋からの参加です。(笑)
丸一家に、大阪転勤命令が下りました。
え~~~。ちょっとちょっとお~、遠くなっっちゃうじゃないの! 
と、一瞬思いましたが、ふと、考え直す・・・
大阪には。東洋陶磁美術館があるではないか。。。
そうだ! 展示入れ替えに合わせて大阪に行こう!しめしめ♪♪

こんな事で、セルフモチベーションを高めたつもりになる、みるるなのでした。(笑)  ついでに、京都も神戸も奈良にも寄っちゃいます♪♪
Commented by カンチャン at 2009-12-02 09:50 x
すばらしいワークショップのご成功おめでとうございます。
企画の段階から最後までやり遂げたこと自体が、まさに勇気付けの連続だったのですね。
また、来年も・・・。
Commented by ことり at 2009-12-02 20:38 x
>>かこさん
通訳の方は、授業の通訳をしてくださる方。
プライベートは、全然ペラペラではないけれど、自分で話さなくてはなりません。
でも、もう十年来の付き合いなので、心で?通じちゃいます。

江戸村はずっと前にジョセフも連れて行きました。
日本人の私もすっごく楽しかったです^^
Commented by ことり at 2009-12-02 20:44 x
>>みるるさん
ジョセフの娘のマリールーは、ジョセフがどんなに必要とされているか、そして日本中にこんなにたくさんのファンがいるのを知って、感動していました。

転勤ですか?!
大変ですね。
せっかく名古屋に慣れたでしょうに。
でも、色んな所に思い出がいっぱいできますね^^
みるるさんのおっしゃる通り、楽しみを見つけるのがいいですね!


Commented by ことり at 2009-12-02 20:47 x
>>カンチャン
カンチャン、ありがとうございます。
本当に。私はライブで勇気づけの連続を見せていただきました。
だから来年が楽しみです!


Commented by れいか at 2009-12-03 12:34 x
ことリさん こんにちは^^
東京初日のワークショップでご一緒させていただいた れいかです。
ことりさんにお会いできるといいなと と日頃願っていましたら
お隣の席になって ランチも一緒に行けて とっても嬉しかったです。
ありがとうございました。
ことりさんはお声もお話のされ方もかわいいイメージ通りの方でした。
(年上の方にかわいいなんて失礼お許しください^^)
ワークショップよかったですね!!
最高の勇気づけチームワークを見せていただきました。
きっと28、29日も素晴らしかったのでしょう。
来年を楽しみにします^^
Commented by ことり at 2009-12-05 19:33 x
>>れいかさん
れいかさん、ようこそ、こんにちは^^
私も、れいかさんに声をかけていただき、とても嬉しかったです!ありがとうございました^^
ランチも楽しかったです。
でも、まだまだ猫をかぶっていますから^^;またお会いするごとに脱ぎ捨てていきますので、よろしくお願いします 笑
ワーク、良かったですね。また、よかったと言っていただけて嬉しいです。れいかさんは日々頑張っていらっしゃるので凄いなぁと、尊敬してしまいます。
来年を楽しみに、お互いにがんばりましょうね!