絵巻物を見に  「皇室の名宝」

 上野の国立博物館に「皇室の名宝 2」を観に行きました。

b0134673_218257.jpg


 11月3日までは「皇室の名宝 1」が開かれていました。一期は、「永徳、若沖から大観、松園まで」と称して、近世絵画、近代の宮殿装飾と帝室技芸員の展示でした。

 今回の二期は、「正倉院宝物と書・絵巻の名品」で、考古遺物、法隆寺献納宝物・正倉院宝物、古筆と絵巻、中世から近世の宮廷美、皇室に伝わる名刀の展示でした。
 今回の私のお目当ては、絵巻物です。とりわけ高階隆兼筆の「春日権化験記絵」20巻のうち3巻)がお目当てでした。

b0134673_21163644.jpg


 鎌倉時代の絵所預(宮廷画家)としての高階兼高が描いた、大和の絵の最高傑作とも言われる絵巻物です。大和絵と言えば、細密画。その細かく丁寧に描かれた絵巻物からは、質実剛健な鎌倉時代のイメージとは少し違った、鎌倉時代の人々の様子、生活ぶりが、明るく、活気を帯びて伝わってきます。いくら見ても見足りない、飽きることのない絵巻物です。
 
 一人ひとりの着物の柄、色、表情の豊かなこと。畳のヘリの模様や、犬たちまで鮮やかに描かれています。こうした記録のおかげで、どんな文章よりも百聞は一見にしかずで、当時の道具や暮らしぶりがわかり、時代の検証、研究にも役立っているに違いありません。

 宮内庁の、この絵巻物の補修作業によって展示できるまでになりました。しかし、全20巻あるこの絵巻物、後10年かかけて全部を補修するのだそうです。

 また、正倉院宝物の模造制作も行われていて、それによって技術を継承し、それがまた歴史を繋ぐ貢献をしているのだそうです。歴史を知ることは、人への畏怖を覚えます。そんな瞬間が私は好きです。


 私の好きな源氏物語の絵屏風もいくつかありました。安土桃山時代の加納永徳筆のものと、江戸時代の加納探幽筆のものがありました。本の写真でしか見たことのなかった狩野派の絵が観られてドキドキしてしまいました。

 探幽は、今までの源氏絵の「ひき目かぎ鼻」ではない表情の顔を描き、絵の周りにも広い空間をとり、後の狩野派を確立したとされています。

これは、加納探幽筆の屏風の一部分です。

b0134673_21315854.jpg


 とても混んでいて展示物も多いので、私は絵巻物のところに真っ先に行きじっくり楽しみました。あとは、初めに表にチェックしていたものを中心に音声ガイドを聴きながら見ました。

 藤原定家、伏見天皇、花園天皇の書。ここには、更級日記や伊勢物語などもあって興味深かったです。
 香箱が二種類出ていました。遊香の経験がなかったら、よくわからなかった香のお道具もお陰様で興味を持って見ることができました。
 そして面白かったのが「天子摂関御影(天子巻)」南北朝時代の後嵯峨天皇から後花園天皇までの今で言えば似顔絵?肖像画の絵巻物です。なかなかの歴史上の天皇好きな私はひとり、にやにやしながら「えっ、伏見院の顔!ぷっ。後花園やせてるぅ~」などと楽しみました。皆さん、垂れ目。今の皇太子より、秋篠宮につながりを感じたりして。
 正倉院の宝物も、今もなおこうして現代を生きる私たちの前に朽ちることなく姿を現し、心に語りかけてくる。長い間の人智と努力によって紡いできた日本人の心に感動します。

 

 夫、博士が帰ってくると忙しくなります。今日だけが行けるチャンスだったので、時間はたっぷりとれなかったものの本当に行かれてよかった!幸せ^^

 今日もまた、深い歴史と特有の文化をもつこの日本に生まれてよかったつくづく感じ、今も余韻に浸っています。
 


最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2009-11-24 22:08 | 鑑賞 | Comments(6)

Commented by ねこ at 2009-11-27 12:28 x
皇室の至宝展、すでに2期目に入っていたのですね。

駅のポスターを見て「行こう!」って思ったのは何時のことだったのかな...???(笑)

でも「見る・観る・視る?」が、どうも苦手な私は今回も宣言だけで終わりそうな予感。ことりさんのブログで行かずして楽しませていただきました。^^

「天子摂関御影(天子巻)」の段は、そういう楽しみ方もあるのかぁ...(笑)と。ことりさんが、歴史も美術もお好きなのは分かりますが、とにかく色々なことに造詣が深くていらっしゃる!

ステキ! ...です♪

わが身の勉強不足を嘆いている暇があれば、行動すべしですよね。(苦笑)来週あたり上野に行ってみようかなぁ...
Commented by saineria at 2009-11-28 11:05 x
文化や歴史にふれること、大切だなあと思いました。

博物館や美術館を訪れること、神社仏閣にお参りすること
人間の素晴らしさに触れるような気がして私も大好きです。
Commented by みるる at 2009-11-30 21:51 x
私も先日、友人と行って来ました。 皇室の至宝展、本当に素晴らしかったです。♪♪♪      国をあげて守ってきているだけあって、どれも見ごたえのあるものでした。

絵巻物を見ると、当時の生活スタイルがよくわかり、想像の世界に入って時間を忘れてしまいそうになります。 実は、私も妄想族の一人です(笑)

そうそう、先日の温泉旅行の際、車中で話が盛り上がり、水上インターで下り損ね次の越後湯沢まで行って来ちゃたんですよ。(笑)
                               ドジでしょう!?(笑)

それまで、良いお天気だったのに、長いトンネルを抜けると雪が降っていて、川端康成の世界が広がっていました。

                   今日は、名古屋よりお便りしています。
Commented by ことり at 2009-12-01 11:23 x
>>ねこさん
ねこさん、ようこそ^^
コメント、ありがとうございます!
私も、そんなに観には行ってはいないんです^^;
絵巻物とか、特定の物だけしか見ないのでね。映画も見ないし^^;
昨日上野公園に行ったのですが、美術館にはいらなくても、今の上野公園は紅葉がすごく綺麗ですよ!
晴れもいいけれど、曇っていたり、少し雨でしっとりしている光景も素敵です^^お勧めです!
Commented by ことり at 2009-12-01 11:30 x
>>saineriaさん
saineriaさんも好きですか?!
嬉しいっ!
本当に、歴史・文化をたどることは楽しいし感動的ですね。
いつの時代も、人々が自己実現のために一生懸命生きてきたんだなぁと。一つ一つ知るたびに、胸をうたれますね。
この感覚、なんでしょう?
Commented by ことり at 2009-12-01 11:35 x
>>みるるさん
みるるさんは、きっと行ってるって思いました。
そして、みるるさん、あなたは立派な妄想族です!(笑)

盛り上がって楽しい旅だったんですね。
ハプニングはプレゼントです。
その方がいいんです^^

もう、雪景色を見たんですね。それもドラマチックに!
感動的だったでしょうねぇ。
丸君は、眩しい!って思ったかなぁ^^