法事 ご先祖様がくださる親戚づきあい

 下北沢の沖縄料理屋さん「うない」でアメフト部の飲み会がありました。
沖縄料理がお洒落にアレンジされていて、大満足!また行きたいお店でした。

 アメフト部の仲間は不思議です。私は次の日、夫の実家での法事のため早朝に家を出なくてはならなかったので、一人だけ二次会には参加せずに帰ってきたのですが、帰ってくると、もうすぐ会いたくなる。

 とっても楽しかったから、二次会もどれだけ後ろ髪をひかれたことか。ククク...。

 みんな、優しくて気持ちのいい人達。もう次の機会が待ち遠しい~!



 法事の方は、夫の母の17回忌でした

 親戚が多くて大変なのに、長男一家が法事などを大切にしてくれるお陰様で、こうした機会にたくさんの親戚の方々に会えることが本当に有難いです。今回も30人を超える親戚が集まり、話がはずみました。

 夫は屋根裏部屋から探し出してきた、夫の父の手帳を持って行きました。その手帳には義父の一生が綴られています。また系譜も綴られています。

 元禄時代までのご先祖様はお墓に記録されていますが、それ以前のご先祖様の記録は火災で焼失してしまったそうです。手帳をもとに、夫の兄弟、従姉、叔母たちと話が盛り上がっていました。

 タクロウは法事への出席はたぶん、皆勤賞だと思います。私たちは核家族だし、みんなは栃木県ですが私たちは東京。それだけに、こうした親戚とのつながりを大切にタクロウにつなげていきたいと思っているのです。

 高校生になっても、法事だけはアメフトの練習も監督に言って休みをもらって出席していました。面倒がるどころか、法事は大事なものと思っているようで、積極的に参加します。若い時にはわからなくても、ある年齢になった時、そのつながりの大切さ、有難味がわかるようになります。

 私の父や姉が亡くなった時、私の叔父、叔母、従兄弟たちが結束して私たちを支える姿をタクロウも見ていて、それは日ごろのつながりがあってこそだと感じているかもしれません。

 核家族で、東京、と離れていると親戚づきあいの煩わしさはありません。家族で好きなように動けます。けれど、それに伴う寂しさもあるものです。法事やお正月、そんな折に親戚づきあいを大切にしたいと感じるよい法事でした。

b0134673_1040755.jpg


 引き出物で桐の箱に入った「特選五三カステラ」を頂きました。なんでも、卵黄を増し、卵白を減じて語源の五対三の配合にし和三盆を使って焼いたとか。カステラは卵白で膨らむのでこの割合で作るのはよほどの熟練者でなくては作れないそうです。それでなのか、製造職人、井上三次郎と名前が書かれていました。

b0134673_105618.jpg
b0134673_10562080.jpg

 



 話はガラリと変わって、美味しそうな生秋鮭があったので、鮭のホイル蒸しを作りました。野菜もたくさん入れて、バターを入れたいところですが、夫の健康を考えてさっぱりと酒と塩コショウで蒸し上げ、三つ葉を散らしてポン酢をかけていただきました。
 
b0134673_10575734.jpg
b0134673_10582440.jpg
 

b0134673_1058447.jpg
b0134673_1059076.jpg

 春菊のサラダとワンタンスープを添えて。


最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2009-09-29 11:04 | 日常 | Comments(8)

Commented by sky at 2009-09-29 23:55 x
文明堂の五三カステラ、普通のカステラより高価で
なかなか口に入りません・・・。

長崎では、文明堂と並び、福砂屋、松翁軒が有名ですが、
どれが美味しいかは好みが分かれるところです。

東京では、やはり文明堂が一番ポピュラーですか?
Commented by naena at 2009-09-30 20:54 x
確かに親戚づきあいって、普段からあるほうがいいですよね。
うちのハハも私も、お姑さんのいない環境なので、
世間でよくあるような面倒な厄介ごとがない代わりに
その家のしきたりや、風習、それから親戚とのお付き合いなんかも
聞きたいけど聞けないっていう大変さを味わってます。
やっぱりおうちの事って、親から子へ伝えなければならない大切なことなんですね。
Commented by saineria at 2009-10-01 09:38 x
「法事 ご先祖様がくださる親戚づきあい」

ことりさんの、こういう言葉からいつもハッと気づかされることが多いです。
人生の大切なこと、忙しさの中で忘れていたこと(忘れようとしていたこと)
。でも本当は、一番大事にしなくちゃいけない。

長男の嫁ですが、家を出ている身ですので、できる範囲で(盆と正月くらいは・・・)
季節の行事も大切にしたいなと思いました。
Commented by かこ at 2009-10-02 19:38 x
和三盆のカステラって~
それに桐の箱に入ってるなんて~
食べてみたい

鮭のホイル焼き秋を感じます
今度まねして作ろう~
ポン酢ね~さっぱりしてるかも!ありがとう
ポン酢(ゆず)大好き
Commented by ことり at 2009-10-05 14:12 x
>>skyさん
え~っ!五三カステラって、そうなんですかぁ!?
そんなカステラ食べられてちょっと嬉しいです^^v
黄色も味も濃くて、こくがありましたよ。

東京では、文明堂、長崎屋、福砂屋さんが有名ですよ。
松翁屋は聞かないなぁ...東京でも私が知らないだけかも^^;
長崎はカステラ本場なんですね。
Commented by ことり at 2009-10-05 14:17 x
>>naenaさん
naenaさんちもそうですか。
私の実家も核家族で今もそう。だから、お姑さんの苦労とか全くしらないんですよね。
でも、それも寂しいなと思う時が確かにあります。
都会なんて、一人っ子同士の結婚で、そこに生まれた子には叔父、叔母、従姉がいないとかよくあるし、どんどん希薄になっていくのかなぁ。
タクロウにはハトコなんかでも、とにかく会わせるようにしてるんですよ。
Commented by ことり at 2009-10-05 14:23 x
>>saineriaさん
saineriaさんは長男のお嫁さんだったんでしたっけ。
離れていても、法事だなんだというと大変でしょうね。

法事なんかを開いたり、訪問したりすると、大変だけどいつも良かった~と思います。
普段はちょっぴり面倒で疎遠にしていても、そんな時は、たくさんの親戚がいる安心感やお陰様を感じててね^^
人は人の中で生きているんだなぁ、って。
Commented by ことり at 2009-10-05 14:26 x
>>かこさん
カステラ、濃かったですよ~^^v

秋鮭は、バターをちょこっとのせると香りがたって益々美味しいと思います。
お魚も脂がのってきて、おいしいのが出回っていますね。
そちらはお魚もおいしそうだなぁ。