「neoteny japan」が連れてきた人

 前回書いた夢解釈のワーク。
これはアドラー心理学に基づいた解釈で、ワークを受けながらもう一度きちんとアドラー心理学を学び直したいなと思いました。
ライフスタイル、ライフタスク、感情などがきちんと理解できていてこその解釈と感じたからです。


ところで私、足の親指に「ヒョウソウ」なるものができてしまいました。(次々、色々できるねぇ)
薬を飲んで様子を見て、薬で治らなかったら手術ですってぇ~!怖い!爪をはがすらしいっ!
だから、薬を飲むとき「薬さん、どうか効いてください。お願いします!」とぺこぺこ頭を下げながら飲んでいます。



歩けるうちに行っておかなくちゃ!(歩けなくはならない!)と、行きたかった「neonteny japan」に行ってきました。
b0134673_1745288.jpg


このところ、有名なコレクションなどが来ていても全然観に行きたくならなかったけれど、「neoteny」は絶対観に行かなくちゃと、妙に惹かれていました。1990年代以降の日本のアートシーンを代表する33作家が結集。

私はこのエネルギーを求めていたんだと思いました。

十代~二十代前半に持っていて、いつのまにか封印されてしまっていた何かを呼び起こされたような、いえ正確には呼び起しに行ったのかもしれません。
この思いはうまく表現できませんが、あの頃の私が現われて私の隣にいるのを感じています。


特に心を惹かれたアーティストは、
インクとペンだけで下描きなしで超細密な作品を、一作品1年から2年かけて描く池田学氏 細密画に弱い私にとって彼は神だ!
b0134673_17163467.jpg


これまた、103×73の大作にもかかわらずフィンガーペインティングの点描画のできやよいさん
b0134673_17245341.jpg


この場合、お茶は写さなくてよい!...でした。(でも、買ってきた写真集を見てのティータイムは至福の時でした)

展示物は撮影できないので、外の少し大きな写真を写してきました↓
b0134673_2145918.jpg

これは鴻池朋子さんの「惑星はしばらく雪に覆われる」です。大きなオオカミの表面が鏡のモザイクで覆われていて、そこに反射した光が雪のように見えます。
絵画、アニメーションがまた細密で繰り返し出てくるナイフ、人間の足をした蜂などストリーがあるようでない想像を掻き立てる作品が素晴らしい。

b0134673_21163878.jpg

村山留里子さん  ビーズ、造花、手芸用品、アクセサリーなどなどをびっしりと組み合わせたデコラティブなオブジェの過剰なボリュームに圧倒されながらも、常識を超えた表現に魅了されてしまう。
後ろ左に見える、のは「ガラス亡霊夫人」というオブジェ。ガラスのモザイクでできている亡霊夫人。その冷たさが心地よくて、危なく亡霊夫人の世界に引き込まれるところでした。

山口晃氏、さわひらき氏、工藤麻紀子さん、池田光弘氏の作品も心を惹かれました。
有名な奈良美智氏、村上隆氏の作品もありました。


「neoteny」が連れてきた昔の私と、今の私の対話が続きそうです。


最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2009-07-02 21:51 | 鑑賞 | Comments(6)

Commented by tadasu24 at 2009-07-03 00:43
こちらでは、はじめましてのomiccyann友人Aです。こんばんは。

池田学さんの絵。開いた口を、ますますあんぐりさせる絵でしたよね。
見たことのない、どこから見ればいいのかわからない、一度見れば離れられない・・
また見たい!絵でした。個人の力の迫力を感じました。
同じものに、ビビビ~としびれたコトリさんと
よぉっ!同士!と、肩を叩き合いたいなぁ!

ヒョウソウ、蒸し暑くなる前に、治るといいですね。
お大事になさってください。



Commented by ひろ at 2009-07-03 18:25 x
「ひょうそう」って初めて聞きました。
足の指に出来るモノって、歩く時気になったりしちゃいません?
無理のないようにお大事になさってください~~~。

最近体調が思わしくないので
よく横になって本を読んでいます。
本を読んでいる時は、体のしんどさを忘れられるんですよ~♪
でも、今家にある本は何度も読んだもので
読み尽くした感があり、新しい本を買いに行こうかな~と
思っています。
Commented by sky at 2009-07-05 21:07 x
思わず自分の左足の親指、見つめてしまいました。
高校生のときにひょうそうになり、結局抗生物質が効かなかった
ので、爪を半分切り取られました。

靴が履けなかったので、片方はスリッパを履いて通学したことを
思い出しました^^;

お大事に!!!
Commented by ことり at 2009-07-06 09:30 x
>>tadasuのAさん
Aさん、A様!いらっしゃいませ!
コメントありがとうございます!
その節はども、です^^

Aさんも山口氏、ビビビ~ってきましたか!
あの緻密さはなんなんでしょう。
舐めるように見てきましたが、できれば傍に置いて毎日隅々まで見ていたい。あるときはあるパーツを、あるときは別のパーツを...。
そしたら、もっと違う何かが見えてきそうで。

ヒョウソウはお陰様で大ごとにならずに済みそうです。
ご心配ありがとうございます。
Aさんも、精力的な毎日(すごい!)^^元気で過ごしてくださいませ。
Commented by ことり at 2009-07-06 09:37 x
>>ひろさん
ヒョウソウ、お陰様で大丈夫そうです。
切るならバイトが終わってから、とバイトの後医者に行きましたが、切らなくてもだいじょうぶでした。
とにかくバイトができて嬉しかった!
neotenyにもちゃっかり行っちゃったし^^

私はこのところ、村上春樹の「1Q84]と大好きなよしもとばななの本、源氏関係の本を読みました。
「歴代天皇事典」なんてのも手元に置いて読んでます。天皇事典...なんかおかしいね^^
ひろさんもお大事にね。
Commented by ことり at 2009-07-06 09:41 x
>>skyさん
skyさんもヒョウソウになったことがあったのですね。
私はおかげさまで薬が効いたみたいで、切らなくて済みました。
でも完治するまでは油断できませんが。
skyさんは爪を切ったなんて...うぅ~~痛そうだよ~~!可哀そうにねぇ。

私も毎日サンダル履きで、夏でよかったです^^;